【マネジメントから変える働き方改革】360度評価を通じて自立型組織づくりを目指す
人事戦略

【マネジメントから変える働き方改革】360度評価を通じて自立型組織づくりを目指す

提供:フォスターリンク株式会社

事例紹介

人事評価(アセスメント)
容量:3.7MB

解決できる課題

人事評価(アセスメント)力を高めたい

組織開発をしたい

組織を活性化したい

■事例インタビュー
株式会社mediba seasorizeカンパニー様

KDDI グループの株式会社medibaでは、社内カンパニーseasorize で360 度フィードバックを実施しました。
社内カンパニー化に伴い、人材登用・再配置の参考にすることと、組織の中核となる管理職の育成につなげることがねらいです。
360 度フィードバックを実施して、管理職の意識付けに思った以上の効果を実感しており、360 度フィードバックで得られた“気づき” を起点に人材育成のPDCA を回し、「主体的に考えて行動する人材」を育てたいとしています。
ここでは、seasorize カンパニーの副カンパニー長である鑓分行輝(やりわけ・ゆきてる)氏に、同社の360 度フィードバックをサポートしたフォスターリンク( 株) のコンサルタント・菅野雅子氏が、お話をうかがいました。

【人材登用・再配置の参考に360 度フィードバックを実施】

360 度フィードバックを実施された目的は、どういうものだったのか、改めてお聞かせください。

360 度フィードバックは、まずmediba 本社で検討を始めたもので、ゆくゆくはseasorizeカンパニーでも実施したいと思っていました。
そうした中、社内カンパニー化したseasorize では、適材適所の人材登用・再配置と管理職の育成は急務であったことから、本社側での実施を待たずに先行実施することとしました。

続きはダウンロードしてお読みください。

事例紹介

人事評価(アセスメント)
容量:3.7MB

フォスターリンク株式会社のその他のダウンロード資料