[雇用管理・賃金]在宅勤務・テレワーク

個の働き方が問われる時代に…生産性向上と経費削減を実現するテレワークの可能性


個の働き方が問われる時代に…生産性向上と経費削減を実現するテレワークの可能性
資料種別: お役立ち
ジャンル: [雇用管理・賃金]在宅勤務・テレワーク
容量: 2.9MB(PDF形式)
提供: 株式会社無限

働き方改革が進み、柔軟かつ多様なワークスタイルが求められる昨今、その重要な鍵として注目されているのがテレワーク。働き手のニーズの高まりとともに、日本企業も少しずつ導入を進めているが、広く普及するまでには越えるべき障壁も少なくない。果たしてどのような課題があるのか。またテレワークによって、何がもたらされるのか――。法政大学名誉教授であり、日本テレワーク協会アドバイザーの諏訪康雄氏にテレワークの過去・現在・未来についてお話を伺った。(本資料より抜粋)

<主要トピック>
・日本におけるテレワークの現状や背景、課題
・生産性向上やコスト削減にテレワークが寄与できること
・テレワークのより効果的な活用のポイント
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

組織を活性化したい

人事労務の管理コストを低減したい

自社の生産性を高めたい

会社情報

社名 株式会社 無限
住所 〒163-0714
東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル14階
代表者 清水 宏太
資本金 3,040万円
売上高 21億円
従業員数 150人

MENU