[テーマ別研修]OJTトレーナー研修

秋からが本番!新入社員OJTを再点検『OJTフォロー研修』



新入社員が配属され、一定期間が経ったこと、こんなこと起こっていませんか?

 ・OJTが当初の計画通りに進んでいない、OJTがほとんど実施されていない
・OJTトレーナーと新人の関係がうまくいっていない
・新人の意欲が低下し、元気がなくなってしまった
・OJTトレーナーが新人とどう接していいかわからなくて悩んでいる

多くの企業で「新入社員OJT」が実施されています。
とはいえ、実際には、配属後は現場任せになっているケースが多いようです。
また仮にOJT導入研修をおこなっていたとしても、その後のフォローの仕組みについてはどうでしょうか?

実際にOJTフォロー研修を実施すると、参加したトレーナーからは様々な悩み、不満、反省の声が聞かれます。

 ・時間を取ることが難しく、十分な指導を行ってあげることができなかった…
 ・徐々に指導内容が難しくなってきて、なおざりになってしまっている…
 ・新人が反発してくる、トレーナーの指導を素直に受け入れなくなってきている…
 ・新人が思うように成長しない、新人本人の意欲が低下している…
 ・上司や周囲の協力が得られず、OJTトレーナーが孤立してしまっている…

そこで新入社員OJTの中間期にOJTフォローの機会を持つことは、非常に有効です。

 ○OJT前半の指導状況を振り返り、うまくいった点、いかなかった点を確認します。
 ○動機づけや関わり方について理論面での補完をしながら、自分が担当する新人との関わり方を再構築します。
 ○OJT後半のテーマを絞り込み、1年後の到達目標を達成するための具体的を検討します。

OJTの運用を形骸化させず、新人とトレーナーの成長を促進させるために、OJTフォロー研修をご検討ください。
またこのタイミングで「新入社員フォロー」を併用すると、より効果的です。
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

研修成果を行動定着化したい

新入社員の能力を高めたい

OJT力を高めたい

会社情報

社名 ナビゲート
住所 〒223-0062
横浜市港北区日吉本町1-4-26-301
代表者 代表取締役 伊藤弘二朗
資本金 2,400万円
売上高 非公開
従業員数 10名(その他 提携講師約90名)