[キャリア採用]その他

【弁護士監修】3STEPで確認!選考や面接でやっていいこと・ダメなこと[中途採用・キャリア採用]



「ご出身はどちらですか?」は不適切な質問と知っていましたか?

採用選考では、提出させてはいけない書類や聞いてはいけない質問があります。
なぜなら、採用は就職の機会均等を確保、応募者の基本的人権の尊重といったように、
法律にもかかわってくるからです。
厚生労働省からも「公正な採用選考をめざして」というパンフレットが発行されており、
違反していないかチェックすべき項目はたくさんあります。

本資料では、
自社企業の採用フロー、選考手続き、面接の質問項目などが、
法律的な観点からみても大丈夫なものかを確認することができます。
カンタンにチェックできるよう、3STEPにわけてまとめました。

ベテラン人事の方も、新しく人事担当に着任された方も、
定期的に自社の選考・採用フローを振り返る意味でご活用いただけると幸いです。


☆☆ この資料のオススメポイント ☆☆
・弁護士が監修しているから安心!
・数十ページにもわたる厚生労働省の資料をポイントだけまとめています
・参照リンクもあるので、元の資料を確認することもできます

☆☆☆
短時間でサッと確認したい方にオススメです。
☆☆☆



=====================================================================
【弁護士監修】3STEPで確認!選考や面接でやっていいこと・ダメなこと[中途採用・キャリア採用]
=====================================================================

【STEP1】採用選考の全体フロー確認 
エントリーシートの項目や書類選考時の提出書類を確認しましょう

【STEP2】面接で聞いてはいけない11の質問
緊張をほぐすためのアイスブレイクや、つい盛り上がって聞いてしまっている質問があるかもしれません。
面接を担当する現場の社員にも、ぜひご共有ください!

【STEP3】採用選考、雇用時の提出書類OK・NGリスト
もらってはいけない書類だけでなく、経歴詐称を防ぐためにも何ならもらっても大丈夫なのかを知っておきましょう



制作:ダイレクト・ソーシング ジャーナル編集部
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

面接官のスキルを高めたい

dodaが運営する「ダイレクト・ソーシング ジャーナル」では、採用力強化のための記事を配信中。他社事例や法律コンテンツ、お役立ち資料も満載です。

新しい採用ツールを検討したい

dodaは人材紹介、求人広告だけでなく、転職フェアやセミナー、ダイレクト・ソーシングといった幅広い採用手法をご提供できます。

効果的なキャリア採用を行いたい

dodaでは、採用時だけでなく定着率などをテーマにしたセミナーも実施。トータルでみた採用効率化のためのノウハウもご提供しています。

会社情報

社名 パーソルキャリア株式会社
住所 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
代表者 代表取締役社長 峯尾太郎
資本金 1,127百万円
売上高 非公開
従業員数 4,321名(有期社員含む、2017年3月時点)