【特別対談】「ISO 30414」の導入が人と企業の持続可能な成長を促進する
資料種別: 講演資料・レジュメ
ジャンル: [組織風土]組織人事コンサルティング
[組織風土]人材・組織変革
容量: 3.5MB(PDF形式)
提供: サムトータル・システムズ株式会社

<概要>
2018年12月には人事・組織のマネジメント標準規格「ISO 30414」がグローバルで公開され、
2020年11月には米国証券取引委員会(SEC)が上場企業に対して人材マネジメントに関する情報開示を義務づけました。

日本でも経済産業省の産業人材課の研究会で紹介されるなど、導入の動きが活発化しています。

今回、「ISO 30414」やHRテクノロジーとの関りが深い、
慶應義塾大学大学院 特任教授 岩本氏、
株式会社SP総研 代表取締役/人事ソリューション・エヴァンジェリスト 民岡氏、
サムトータル・システムズ株式会社 マーケティングディレクター 古沢氏の
3名をお招きし、座談会を実施したレポートをお届けします。

<注目トピックス>
●「人的資本の開示」の流れが本格化
●日本でも「ISO 30414」が浸透し始めている
●人材マネジメントは、人の価値を「スキル」で表現することが前提となる
●本当の意味で「企業は人なり」と言うべき状態になった

記事の詳細については、下記よりダウンロードの上ご覧ください!

解決できる課題

組織を活性化したい

人事部門を変革したい

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 サムトータル・システムズ株式会社
住所 〒1500002 東京都渋谷区渋谷1-4-2 アーバンプレム渋谷4F
代表者 マイケル・ペリグリーノ
資本金 10,000,000 円
売上高 非公開
従業員数 10名