<概要>
近年、企業や組織を構成する「人」に対する考え方が大きく変化している。かつては「人件費」に代表されるようにコストそのものと捉えられていた。しかし、現在は人的資本(Human Capital)という考え方が根付き、競争優位性の源泉、アセットそのものと捉えられている。一方、人的資本の組織への貢献度合いを示す共通指標は長らく存在しなかったが、2019年1月に人事・組織のマネジメント標準規格「ISO30414」が公開された。

●なぜ新たなHRM規格が必要になったのか
●ISO30414の概要
●ISO30414によるHRMのガイドライン
●日本の人事が抱える現状と課題
●HRテクノロジーの早期活用が望まれる
●まとめ

気になる方は、下記よりダウンロードください。

サムトータルが運営するラーニングイノベーションLABOはこちら
「ラーニングイノベーションLABO」では、人事担当者が日々直面する課題の解決に役立つ情報を提供しています。

解決できる課題

組織を活性化したい

人事部門を変革したい

会社情報

社名 サムトータル・システムズ株式会社
住所 〒1500002 東京都渋谷区渋谷1-4-2 アーバンプレム渋谷4F
代表者 マイケル・ペリグリーノ
資本金 10,000,000 円
売上高 非公開
従業員数 10名