[人事・労務全般・その他]その他

就業中のスマートフォン操作に関する意識調査(2018)


就業中のスマートフォン操作に関する意識調査(2018)
資料種別: 調査データ
ジャンル: [人事・労務全般・その他]その他
[組織風土]人材・組織変革
容量: 2.6MB(PDF形式)
提供: サイコム・ブレインズ株式会社

<概要>
就業中のスマホ操作、約8割が「不快ではない」一方でガイドライン不在によるトラブルに注意が必要。
国内外で企業の人材育成を支援するサイコム・ブレインズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 西田忠康)は
この度「就業中のスマートフォン操作に関する意識調査」を実施しました。
調査は今年10月から11月に実施され、社会人222人が回答。

調査の結果、就業中のスマートフォン操作に関するガイドラインが明確に示されている企業は企業規模に関わらず2割に
満たない一方で、就業中にスマートフォン操作している人を「不快」と感じている人は約2割となりました。


【調査概要】
調査期間:2018年10月9日〜11月30日
対象:社会人の男女222人
方法:インターネット
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

組織を活性化したい

社員のキャリア意識を高めたい

自社の生産性を高めたい

会社情報

社名 サイコム・ブレインズ株式会社
住所 〒101-0021 東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル7階
代表者 代表取締役社長 西田 忠康
資本金 6,404万5千円
売上高 未公表
従業員数 33名