[オフィスサービス]業務効率化

経理部門の業務革新 〜スキャナ保存で実現する働き方改革〜


経理部門の業務革新 〜スキャナ保存で実現する働き方改革〜
資料種別: お役立ち
ジャンル: [オフィスサービス]業務効率化
容量: 1.5MB(PDF形式)
提供: 株式会社クレオ

国税庁のスキャナ保存制度承認件数はこの2年で7倍に増加!
働き方改革で改めて注目される経理部門の働き方改革を解説します。

<概説>
国税庁が公表した「電子帳簿保存法に基づく電磁的記録による保存等の承認状況」によると、税務署へのスキャナ保存申請件数が、実に2015年・2016年度の2年間で7倍に拡大しているとあります。

これは、平成27年度・28年度の税制改正で実施された、スキャナ保存制度に関する大幅な要件緩和の影響が考えられます。
これまで制約が多く、本制度の導入に踏み切れなかった企業にとっては、要件緩和は、制度導入の実現性を一気に高めています。

また、一億総活躍社会の実現に向けた「働き方改革」の影響もあります。企業は更なる生産性向上を図る為、あらゆる業務プロセスの見直しを迫られています。当然、経理部門も例外ではなく、紙を取扱う業務のあり方を見直す動きが活発化したと考えられます。

本資料は、これらの背景と共に、改めて注目されつつある電子帳簿保存法・「スキャナ保存制度」の解説と、導入に向けたポイントについてご紹介致します。

貴社の今後のご参考になれば幸いでございます。

<アジェンダ>
01 スキャナ保存制度、国税庁の承認件数が7倍に
02 電子帳簿保存法・スキャナ保存制度とは
03 スキャナ保存制度、導入メリット
04 スキャナ保存制度が求めるシステム要件
05 スキャナ保存制度、導入ステップ
06 ZeeM 会計・スキャナ保存対応オプションとは
07 スキャナ保存対応オプション、ご利用イメージ
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

業務を効率化したい

電子化による作業効率向上は勿論、正確且つ迅速な税務調査対応、内部統制強化を実現

ペーパーレス化を進めたい

電子化により、紙の保管コストや拠点間の輸送コストを大幅に削減

会社情報

社名 株式会社クレオ
住所 〒140-0002
東京都品川区東品川4-10-27 住友不動産品川ビル12F
代表者 柿ア 淳一
資本金 3,149,650千円
売上高 非公開
従業員数 約1000名