なぜデジタル人材を増やしてもうまくいかないのか?DX推進につまづく企業に必要なファーストステップ

掲載日:2022/09/13

資料種別: 調査データ
容量: 2.3MB(PDF形式)
提供会社: 株式会社ダイヤモンド・ヒューマンリソース
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

資料の内容

この資料のポイント!

人事課題の1つである「DX人材育成」をテーマに、ベストセラー『統計学が最強の学問である』の著者の西内啓氏とDIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー編集長 小島健志が展開する特別対談。

資料の目次

・専⾨スキルを必要とせずにデータを活⽤する時代がやってくる
・「何がどうなると嬉しいか」そこからDXを始める
・意思決定者の近くにデータ分析チームを置く
・「データ基盤」と「共通⾔語」でDXの⺠主化を促す
・データの⺠主化を⽬指すなら社内の「眠れるデジタル⼈材」を探せ

デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進のため、データサイエンティストなどの
デジタル人材を積極採用する企業が増えている。

しかし、デジタル人材を増やすだけでは、事業部など現場のDXは進まない。

ベストセラー『統計学が最強の学問である』の著者であり、これまで数多くの企業のDXを支援してきたデータビークル取締役副社長の西内啓さんは、現場社員のデータ活用力を向上させ、DX推進の核にすることが成功のカギだと言う。

そこで西内さんに、現場社員をDX推進役にし、データ活用で成長する組織をつくるための秘訣を聞いた。

(聞き手/DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー編集長 小島健志)

会社情報

社名 株式会社ダイヤモンド・ヒューマンリソース
住所 〒112-0002 
東京都文京区小石川5-5-5 ユニゾ茗荷谷ビル
代表者 筒井智之
資本金 72,000千円
売上高 非公開
従業員数 48名
資料ダウンロード

  • 労政時報
  • 企業と人材
  • 人事実務
  • 月刊総務
  • 人事マネジメント
  • 経済界
  • マネジー