[人材育成・研修全般]人材育成・研修その他

【オンライン公開セミナー】クロスカルチャーダイバーシティ(異文化理解研修)のご紹介



【目的・ねらい】
●相手を無意味に”怖がらない”ためのコツを理屈と実践で習得する
●比較文化論の学説を元に、異文化ギャップの最大要因である言語文化を正しく理解する
⇒”上手に外国語を喋る”ことはビジネス上では”正確に伝える”ことであると認識
⇒表音文字文化と表意文字文化では”正確な伝わり方”に違いがあることを理解
⇒表意文字文化側から表音文字文化側に情報伝達を行う方法の最適化

【概要】
オンラインによる研修です。パソコン、タブレットがあれば全国どこからでも参加できます。
自分とは価値観が異なると感じたときの対処方法や異文化のギャップを文化の共有具合で図
るコンテクストを使って理解します。日本人同士の理解を深めることにも有効的です。


【こんな方におすすめ】
・多様性について学びたい方
・海外との業務に関わることになる方

【受講料金】
30,000円(税抜/1名・4時間)

【カリキュラム】
■オリエンテーション
Cross CltureDiversity研修の目的、講師経歴の紹介

■先入観の効果的な使い方 Effective Stereotype Image on Data
“印象”の効果と扱い方
・異文化理解に役立つ先入観情報の上手な集め方
・他者の異文化を考えるために、自らのおかれた文化を考える

■“コンテクスト”に基づく様々な文化の把握 Idea “Context
・比較文化科学におけるコンテクストを用いた異文化理解
・コンテクストが職場に与える実際の影響

■同一文化圏内における多様性ギャップ Internal Cultural Context Gaps 講義+実習
・コンテクストを用いた自文化内ギャップ観測
・異文化=外国、ではないことを理解するためのワークショップ
・同一文化圏内だからこそ生まれる異文化の考察

■低コンテクスト弁証法 Use low context way of explanation. 低コンテクスト的弁証法練習
・異文化のギャップに苦しまないための伝達方法理解と実習

■同一文化圏ギャップの発掘と対処法 Finding Internal Cultural Gaps
想定できるギャップの発見と対処の討議
・自分の所属する文化圏内に発生し得る異文化の発見
・自組織異文化への対処法考察
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

社員の積極性・自発性を向上させたい

グローバル人材育成を強化したい

海外人材の定着を強化したい

会社情報

社名 旭化成アミダス株式会社
住所 〒101-8480 東京都千代田区神田錦町3丁目22番地 テラススクエア
代表者 代表取締役社長 橋爪 宗一郎
資本金 8,000万円
売上高 119億円(2019年3月期)
従業員数 266名