第9回
日本HRチャレンジ大賞募集要項

人材領域の果敢なチャレンジが
日本社会を元気にする!

第9回 日本HRチャレンジ大賞
地方活性賞

今回から「地方活性賞」を新設し、 全国の地方活性化を応援します!
全国の中小企業や団体の皆様からの多数のご応募をお待ちしております!!

第8回日本HRチャレンジ大賞
授賞企業一覧

日本HRチャレンジ大賞について

社会、経済の変化が激しい現代、企業の人材領域部門もその変化への対応を迅速かつ積極的に行う必要があります。
「日本HRチャレンジ大賞」は、人材領域で優れた新しい取り組みを積極的に行っている企業を表彰します。

経営層や人事部門等が人材領域で積極的にチャレンジする企業を表彰することで、
日本社会の活性化を促すことを目的としています。
ぜひ1社でも多くの応募をお待ちしています。

募集要項

名称 第9回 日本HRチャレンジ大賞
主催 「日本HRチャレンジ大賞」実行委員会
後援 後援

厚生労働省、中小企業基盤整備機構(中小機構)、東洋経済新報社、ビジネスパブリッシング、HR総研(ProFuture)

発表 「第9回 日本HRチャレンジ大賞」の各賞の授賞者には、5月20日までに授賞の旨を直接連絡。

※応募書類等の記載内容に事実と異なることや他の権利等の侵害があると判明した場合など、発表後であっても授賞を取り消すことがあります。

公表 『週刊東洋経済』、『月刊人事マネジメント』、人事向けポータルサイト『HRプロ』ほか
審査委員
学習院大学 名誉教授
今野浩一郎氏(委員長)
明治学院大学 学長特別補佐(戦略担当)
伊藤健二氏
法政大学 キャリアデザイン学部 教授
武石恵美子氏
東洋経済新報社 編集局編集委員
田宮寛之氏
ProFuture株式会社 代表取締役社長/HR総研 所長
寺澤康介
応募対象 日本国内で企業活動を行っている企業(外資系含む)、団体
応募条件 採用、人材育成、キャリア開発、人事制度、労務管理、人材マネジメントなど人材領域に おいて、原則として過去3年以内に開始されている新しい取り組みであること。 (ただちに目覚ましい実績・成果が出ていなくても、チャレンジの度合いをより重視します。)
審査方法 提出された応募書類をもとに審査評価基準に沿って総合的に審査
審査評価基準
  • 革新性(企業に変革をもたらす革新的な取り組みか)
  • 従業員利益(キャリア形成、満足度向上に資するものか)※1
  • 経営貢献(経営力アップに貢献するものか)※2
  • 戦略性(戦略的な取り組みであるか)
  • 社会的影響性(社会的インパクトをもたらすものか)

応募するカテゴリーにより、以下の通り一部観点が異なりますのでご注意ください。

※1従業員利益
「人事」で応募する場合:自社の従業員利益をいう。
「人材サービス」で応募する場合:人材サービスの提供先企業の従業員利益をいう。
※2経営貢献
「人事」で応募する場合:自社の経営貢献をいう。
「人材サービス」で応募する場合:人材サービスの提供先企業の経営貢献をいう。
賞の種類
  • ・大賞
  • ・イノベーション賞
  • ・優秀賞(人材マネジメント部門、人材育成部門、採用部門)
  • ・人材サービス優秀賞(人材マネジメント部門、人材育成部門、採用部門)
  • ・奨励賞
  • ・地方活性賞

※今回から「地方活性賞」を新設し、 全国の地方活性化を応援します!「地方活性賞」は、地方数活性化に繋がりうる企業や団体の人事領域のり取組みや人事サービスを表彰します。 全国の中小企業や団体の皆様からの多数のご応募をお待ちしております!!

地方活性賞
授賞特典 授賞式にて、表彰状および盾を贈呈いたします。
また、授賞ロゴマークをデータで提供いたします。
WEB、印刷物等に掲載することで、採用広報や製品アピールにご活用いただけます。
授与式 2020年9月16日(水)予定
応募方法 規定の応募用紙をダウンロードの上、下記応募先までメール添付にてお送りください。
※PDFに変換せず、Wordファイルのままお送りください。(圧縮可)
応募締切 2020年3月16日(月)14時
応募先・お問い合わせ先 ProFuture株式会社内 「日本HRチャレンジ大賞」事務局
TEL:03-3588-6711 E-mail:challenge@hrpro.co.jp

日本HRチャレンジ大賞 過去の授賞企業