人の話を聴くことは苦痛?|採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • HRサミット2017 7月下旬お申込み開始予定!

人の話を聴くことは苦痛?

HRプロ編集部
2014/02/20

会社の会議などでもどこでも自分の意見が通らないことの方が多い。しかし、不満が残るときと、それほど残らないときがある。その違いはどこで生じるのであろうか?
「きちんと話を聴いてもらえた」と感じているかどうかが大きいと思う。そのように感じると不思議と不満は残らないことが多い。だからこそ、人の話を聴くことは極めて重要だ。
 しかし、人の話をきちんと聴くということはけっこう難しい。私はあるコミュニティに所属して、定期的にワークショップやダイアログを主催したりしていた。そこで学んだことは自分の話をきちんと聴いてもらっていると感じている人があまりに少ないということだ。

 そもそも、人の話をきちんと聴くということを勘違いしている人は多い。以下のAさんとBさんの会話をまずは見ていただきたい。学生時代の友人が社会人になり何ヶ月かぶりに再開したときの会話だ。

A「この間、北海道に行ったんだけどさ」
B「北海道なら僕もこの間行ったよ。蟹が美味しかったな」
A「自分は新入社員研修で行ったんだけど、その研修がひどかったんだよ」
B「新入社員研修で北海道に行けるなんて凄い会社だね」
A「まぁね。マナーの研修だったんだけど、マナーを教えるはずの講師のマナーがひどかったんだよ」
B「はははっ、僕もマナーは人のこと言えないな」

 BさんはAさんの話をきちんと聴いているつもりかもしれない。しかし、Aさんの話をきちんと聴いていないのは明らかであろう。BさんはAさんの話をきっかけとして自分の話をしているだけである。これではAさんは話を聴いてもらっている気はしないはずだ。具体例が少し極端すぎたかもしれないが、以下のような会話はよく見かける。

A「この間、北海道に行ったんだけどさ」
B「へぇ、いつ頃の話?」
A「つい、この間の話だよ。新入社員研修で行ったんだけど、その研修がひどかったんだ」
B「そうなんだ。どんな研修?」
A「マナー研修だよ。でも、マナー研修なのに講師のマナーがひどくてさ」
B「そうなんだ。それはひどいね」


 BさんはAさんの話をきちんと聴いていると思っているかもしれないが、やはりBさんはAさんの話をきちんと聴いているとは言えないだろう。

 BさんはAさんの会話を先回りして話を進めている。それは必ずしもAさんが言いたいことと同一だとは限らない。実際、Aさんが話したいこととは何の関係もない話にそれていっている。いつ北海道に行ったかは重要ではないし、「研修の内容」について詳細に話したかったわけではない。仮に、Aさんの言いたいことが話の途中でわかったとしても話を進めてしまっては聴いているとは言えない。言葉に出さずとも頭の中で勝手に進めてしまっていたりしたら同じだ。話をしている人間にはわかるものだ。

きちんと聴いていたら次のような会話になるだろう。

A「この間、北海道に行ったんだけどさ」
B「へぇ、北海道に行ったんだ」
A「そうなんだよ。新入社員研修で行ったんだけど、その研修がひどかったんだよ」
B「凄い顔をしているね。よっぽど酷い研修だったんだね」
A「そうなんだよ。マナー研修なのにマナーを教えている講師のマナーがなってなくて」
B「はははっ、それはひどいね」

 この文章をお読みいただいている方の中には「そんなことはわかっている。しかし、それができない」という人もいると思う。それは、決しておかしなことではない。むしろ、普通のことだとさえ思う。

 なぜなら、誤解を恐れずに言うと、そもそも、多くの人にとって人の話を聴くことは苦痛だからである。人間は人に自分の話を聴いて欲しいのであって、人の話を聴くことは苦痛なのである。

 私が尊敬するプロのコーチが「最近になってやっと人の話を聴くことが苦痛でなくなった」と仰っていた。プロでさえそうなのであるから、訓練を積んでいない人間が苦痛なのは当然である。そう思うと少し気持ちが楽になるのではないだろうか。


フェスティナレンテ社会保険労務士事務所 小嶋 裕司

プロフィール

HRプロ編集部

「採用」「教育・研修」「労務」「人事戦略」など、人事がイマ知りたい情報をご提供します。 押さえておきたい基本知識から、最先端のニュース関連情報、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届け。

2019卒版 インターンシップ プログラム作成完全マニュアル申込受付中

関連リンク

  • 企業も従業員も知っておくべき「うつ病」の実像(前編)

    精神疾患のなかでも、「うつ病」ほど身近な病気もないだろう。企業等に属していれば、少なからぬ従業員が罹患し、通院したり、休職したりしていることもある。しかし、「うつ病」の実像をどれだけの人が御存じだろうか。本稿では、現代病ともいえる「うつ病」について、企業・従業員とも理解しておくべき実像を「前編」「後編」に分けてお伝えしよう。

  • 地元就職は難しい? ―― 2018年卒マイナビ大学生Uターン・地元就職に関する調査結果

    各種就職・転職サービスを展開する株式会社マイナビは、2017年5月、「2018年卒マイナビ大学生Uターン・地元就職に関する調査」の結果を発表した。2018年3月大学卒業予定者(有効調査回答数6,969人)を対象に調査を行い、地元に就職を希望する学生の割合の変化のほか、地元企業への就職活動で障害となっていることや、地元就職を希望する理由などについて明らかにしている。

  • 学生が求めるのは「安定」と「やりがい」のバランス? ━━ 2018年就職企業人気ランキング

    株式会社マイナビは、株式会社日本経済新聞社と共同で、2018年卒学生を対象に、2017年の2月から4月半ばにかけて就職人気調査を実施。同年4月26日に「マイナビ・日経 2018 年卒大学生就職企業人気ランキング」として発表した。 文理別、男女別など各上位 100 社の傾向を分析し、その背景を探ってみたい。

  • 「テレワーク」は働き方を変えるか!?

    政府はワーク・ライフ・バランスを推進するために、多様な働き方のひとつとしてのテレワークを推奨している。しかし、実際に導入に踏み切る企業(特に中小企業において)は少ない。実際にテレワークを導入する場合、企業にどのような影響があるのだろうか。

  • 受動喫煙防止法強化をどうとらえるか

    今年3月に厚労省から「受動喫煙防止対策の強化について(基本的な考え方の案)」が公表された。 受動喫煙防止が平成15年に努力義務とされ10年以上経過したが、依然として飲食店や職場等での受動喫煙は多く、取り組みは限界に達している。こうした現状を受けて、喫煙禁止場所の範囲、施設等の管理者の責務、利用者の責務を明らかにし、この3点の義務に違反したものに対して罰則(過料)を適用することが強化のポイントだ。 施工日は平成31年のラグビーワールドカップに間に合うようにしたい、としている。

  • いつまでもあると思うな親と金と我が社の社員

    何かとトラブルになりがちな社員の「引き抜き」。場合によっては会社の死活問題にもなりかねない社員の引き抜き行為は、本来許されるものなのか、許されるとすればどの程度なのか、防止策はないのか。トラブルに巻き込まれないために、引き抜く側、引き抜かれる側それぞれの立場での注意点を考える。