飲みニケーションに頼っていないか?部下から相談を受けたときの対応方法|採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • HRサミット2017 開催中!

飲みニケーションに頼っていないか?部下から相談を受けたときの対応方法

HRプロ編集部
2017/09/11

ある企業で管理職研修をしていた時に、このような事例についてどのように対応するか聞いてみた。
「部下に普段とは違う仕事上のミスが目立ち、ひどく元気がないようにみえる。あなたは上司としてどのように対応するか?」

1. そのうち慣れるだろうと考えこのまま様子をみる
2. こんなミスは君らしくないと鼓舞する
3. プレッシャーが強すぎたのだろうと考え、責任者を他の人と変わってもらう
4. 体調が心配と思い本人に声をかけ、就業時間中に話を聴く
5. 体調が心配だが終業時間中に話を聴くのははばかれるので、居酒屋で飲みながら話を聴く
昨今若い人たちが飲みに行きたがらないという報道とは逆に、多くの企業の管理職(特に50代)は5番を選択する人が多かった。しかしながら、「メンタルヘルス不全の場合、投薬治療を始めている場合がありアルコールと相性が悪い」「アルコールで感情が不安定になり、会話にならない」「結局上司が話を聴いてやったという一方的な満足で終わってしまうことが多い」等の理由で、飲みながらの面談はお勧めしない。

では、部下から相談を受けた時にどのように対応したらよいだろうか。
そもそも上司は、日常的に部下からの自発的な相談に対応するように努めなくてはならない。そのためには相談しやすい雰囲気作りが大切となる。また、長時間残業など明らかにリスクが高い部下に対しては、上司の側から積極的に声をかけることが必要だ。

部下から相談を受けた時の3つのステップとして、以下のようなものがある
1.話を聴く(傾聴)
2.適切な情報を提供する
3.必要に応じて専門機関への相談や受診を促す

特に今回は、1.話を聴く(傾聴)について解説する。
傾聴とは、相手の話を「受容」や「共感」をもって受け止めるという聴き方である。具体的には、まずは相手に関心を寄せ、聞き役に徹する。そのうえで、相手の考えや言葉を無条件に受け入れて理解し、相手を「受容」する。そして明らかに正しくなかったり、誤解をしていたりしても、決して否定や批判をせずに相手に「共感」する姿勢を示す。
安易な激励をせずに、親身になって聞くことで相手は安心する。「支持的」なつもりが、いつもの業務上のクセでうっかり「指示的」にならないよう注意が必要となる。業務上の会話と、相談を受けているときのモードは切り替えるという心づもりが大切だ。

いきなり支持的に傾聴すると言っても、なかなか管理職の方も普段の忙しい職責の中困難だ。

そのような時こそ、社外へ社員が利用できる専門家による相談窓口の設置をおすすめする。
社員がまず相談できる窓口があることで、メンタルヘルス問題の予防につながる。また、管理職自身も利用することができるので、管理職の方のセルフケアにも役立つ。

厚生労働省の調査によると、働く人の相談相手として、最初の相談相手はやはり身近な人である上司だ。一方で、職場で実際に相談した方に悩みを解決したかどうかを尋ねたところ、解消されたが33%、解消されなかったが67.1%(解消されなかったが、気が楽になった含む)という結果が出ている。
つまりメンタルヘルス対策で上司に求められているのは、専門的に問題を解決することではなく、まずは相談を聞きその後適切な専門家につなぐということだ。このポイントを忘れてしまうと、管理職はメンタルヘルスの専門家にならなくてはいけないのかと、余計なプレッシャーを感じてしまう。

会社としては管理職にメンタルヘルス対策への意識の啓発をするとともに、外部の専門機関の相談窓口を設置することが大切だ。


Office CPSR 臨床心理士・社会保険労務士事務所 代 表
一般社団法人 ウエルフルジャパン 理 事
産業能率大学兼任講師
植田 健太

プロフィール

HRプロ編集部

「採用」「教育・研修」「労務」「人事戦略」など、人事がイマ知りたい情報をご提供します。 押さえておきたい基本知識から、最先端のニュース関連情報、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届け。

2019卒版 インターンシップ プログラム作成完全マニュアル申込受付中

関連リンク

  • いいとこ伸ばしとモチベーションアップ

    管理職研修の後に管理職の方と話していると、新入社員や若手社員に対して、褒めるのがいいのか叱るのがいいのかという質問をよく受ける。そこで、ある心理学者E.B.ハーロックの実験をご紹介する。

  • ご存知ですか?このマーク〜人材確保への“遠くて近い”道のり(1)〜

    平成29年5月以降、厚生労働省WEBサイトで毎月更新されている「労働基準関係法令違反に係る公表事案」は、コンプライアンスの観点でのいわゆる“ブラック企業”リストと呼べるだろう。 いっぽうそれとは対照的に、労働安全衛生や両立支援、女性活躍、若者雇用等に優れた事業者を省庁レベルで認定・公表する制度もまた、存在している。 全4回にわたる連載の中で、これらの認定を示すマークをご紹介し、人材確保へ向けた課題解決の糸口をお示ししたい。

  • 「自宅の近くにサテライトオフィスがあれば働ける可能性のある人」は135.9万人 ―― パーソル総合研究所が潜在労働力の推計調査結果を発表

    総合人材サービス、パーソルグループの総合研究機関である株式会社パーソル総合研究所は、サテライトオフィスの設置により、何人の潜在労働力を顕在化できるかを推計する調査「サテライトオフィス設置による雇用創出推計」の結果を発表した。

  • 「未払残業代請求」における背景と対策

    「未払残業代請求に関する無料相談なら、〇〇法律事務所へ!」 上記は、ラジオから流れてくるCMだ。ブラック企業大賞なるものも毎年発表されているように、長時間労働に対する監視・監督の目は厳しい。にもかかわらず労務管理がずさんであったり、認識不足もしくは無知・不十分等、対応が遅れていることによって未払残業代を請求されたり、請求されるリスクを負っている企業が多いのではないか。

  • 働き方改革でもらえるオススメの助成金 (1)職場意識改善助成金

    最近、いたるところで「働き方改革」という言葉を耳にすることが多くなった。政府は一億総活躍社会の実現に向け、本気で労働環境の改善に取り組んでいて、我々の生活にも浸透してきているということである。また一方、「助成金」とは、国や自治体など公的機関が政策を推進するために、その内容に沿った活動をする企業や団体の活動を支援する目的で提供する、返済する必要のない資金のことである。「政策の内容に沿った活動を支援」するのが目的なので、この「働き方改革」と「助成金」は密接な関係にあることは容易に分かる。そこで今回は働き方改革の取組で受給できるオススメの助成金の中から職場意識改善助成金を紹介していく。 職場意識改善助成金は、計5つのコースがあり、自社に合ったコースが選べるが、今回はオススメとして今年から新設された「勤務間インターバル導入コース」と締切間近の「職場環境改善コース」を紹介する。

  • 「女性が活躍する会社」のカギは女性管理職の存在 ── 9,241名の社会人が回答した「女性活躍推進」実態調査結果発表

    人材採用のエン・ジャパン株式会社が、「女性活躍推進」についてのアンケートを実施した。アンケート調査は、同社が運営する、「入社後」までを見据えた日本最大級の総合求人・転職支援サービス『エン転職』上で行われ、9,241名から回答を得た。 同調査では女性が活躍する職場に対する従業員の捉え方や管理職への意欲に関する傾向が明らかとなった。