「テレワーク」は働き方を変えるか!?|採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • 11/21開催:キャンリクフォーラム 大学と企業の合同相談会2017

「テレワーク」は働き方を変えるか!?

HRプロ編集部
2017/07/10

政府はワーク・ライフ・バランスを推進するために、多様な働き方のひとつとしてのテレワークを推奨している。しかし、実際に導入に踏み切る企業(特に中小企業において)は少ない。実際にテレワークを導入する場合、企業にどのような影響があるのだろうか。

対象職種

テレワークの導入対象は広く、「パソコンとインターネット環境があればできる職種」はすべて対象になりうる。店舗で接客などのサービスを提供する職種には不向きだが、サービス業であっても人事・財務・法務・庶務などのいわゆる間接部門は対象になりうるだろう。

初期導入コスト

テレワークを導入するためのコストとして、下記のものがある。

・ パソコン&周辺機器購入費   
・ グループウェア導入費
・ セキュリティ対策費 
・ 勤怠管理システム導入費等

たとえば、パソコン本体は個人で持っていることも多いが、業務用とプライベート用を分けるために別途購入して会社が貸与したほうがいいだろう。
また、会社と自宅を接続するために「リモート接続」「VPN接続」などのネットワーク環境を整えること、情報漏えいリスクを軽減するためのセキュリティ対策や、タスクの管理・勤怠管理のためのソフトやシステムも必要だろう。

次に、テレワークのメリット・デメリットを考えてみたい。

メリット

■コスト
上記で導入コストに触れたが、通勤にかかるコストを下げられることはメリットのひとつだろう。通勤コストには、定期券や駐車場代などの直接的なコストのほか、満員電車や長時間の移動による疲労やストレスなどの間接的なコストも含まれる。また、コンパクトなオフィスにした結果、オフィス賃料も減少するかもしれない。

■採用
「育児や介護でフルタイムでは働けない」「通勤が困難」等のケースでも求人対象とできる。これらのケースでは優秀な人材も多く、教育に対するコストを下げる効果も期待できる。

■定着
特に女性は、結婚・妊娠・出産・育児などのライフステージの影響を受けやすい。その他、教育・介護など、大きな人生の転機を迎えたときでも、離職せずに働き続けられる可能性が広がるのではないか。人手不足が叫ばれて久しいが、離職を防ぐのも人手不足解消の一助だろう。

デメリット

・会社への帰属意識の低下
・管理監督コストの増加
・コミュニケーションの不足

これらのデメリットを克服するために、定期的な出社義務、業務の標準化・定量評価の仕組みの整備、SNSの有効活用等、それぞれの会社に合った工夫が必要だろう。

もはや、働き方に正解はない。労働時間が成果に繋がる業種もあれば繋がらない業種もある。繁閑の差が激しい業種もある。それぞれの会社が工夫して、従業員が最大限のパフォーマンスを発揮できるような環境を整備することが求められているのではないだろうか。


社会保険労務士たきもと事務所
代表 瀧本 旭

プロフィール

HRプロ編集部

「採用」「教育・研修」「労務」「人事戦略」など、人事がイマ知りたい情報をご提供します。 押さえておきたい基本知識から、最先端のニュース関連情報、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届け。

2019卒版 インターンシップ プログラム作成完全マニュアル申込受付中

関連リンク

  • 企業経営と厚生年金への加入

    給与から天引きされる厚生年金の保険料率は、今年9月から18.3%に引き上げられた。実際には、10月に支払われる給与からこの料率が適用される。厚生年金の保険料率はついに最高料率の時代を迎えることになる。ところで、企業が厚生年金に加入して保険料を納める行為には、どのような意味があるのだろうか。

  • いいとこ伸ばしとモチベーションアップ

    管理職研修の後に管理職の方と話していると、新入社員や若手社員に対して、褒めるのがいいのか叱るのがいいのかという質問をよく受ける。そこで、ある心理学者E.B.ハーロックの実験をご紹介する。

  • ご存知ですか?このマーク〜人材確保への“遠くて近い”道のり(1)〜

    平成29年5月以降、厚生労働省WEBサイトで毎月更新されている「労働基準関係法令違反に係る公表事案」は、コンプライアンスの観点でのいわゆる“ブラック企業”リストと呼べるだろう。 いっぽうそれとは対照的に、労働安全衛生や両立支援、女性活躍、若者雇用等に優れた事業者を省庁レベルで認定・公表する制度もまた、存在している。 全4回にわたる連載の中で、これらの認定を示すマークをご紹介し、人材確保へ向けた課題解決の糸口をお示ししたい。

  • 「自宅の近くにサテライトオフィスがあれば働ける可能性のある人」は135.9万人 ―― パーソル総合研究所が潜在労働力の推計調査結果を発表

    総合人材サービス、パーソルグループの総合研究機関である株式会社パーソル総合研究所は、サテライトオフィスの設置により、何人の潜在労働力を顕在化できるかを推計する調査「サテライトオフィス設置による雇用創出推計」の結果を発表した。

  • 飲みニケーションに頼っていないか?部下から相談を受けたときの対応方法

    ある企業で管理職研修をしていた時に、このような事例についてどのように対応するか聞いてみた。 「部下に普段とは違う仕事上のミスが目立ち、ひどく元気がないようにみえる。あなたは上司としてどのように対応するか?」 1. そのうち慣れるだろうと考えこのまま様子をみる 2. こんなミスは君らしくないと鼓舞する 3. プレッシャーが強すぎたのだろうと考え、責任者を他の人と変わってもらう 4. 体調が心配と思い本人に声をかけ、就業時間中に話を聴く 5. 体調が心配だが終業時間中に話を聴くのははばかれるので、居酒屋で飲みながら話を聴く

  • 「未払残業代請求」における背景と対策

    「未払残業代請求に関する無料相談なら、〇〇法律事務所へ!」 上記は、ラジオから流れてくるCMだ。ブラック企業大賞なるものも毎年発表されているように、長時間労働に対する監視・監督の目は厳しい。にもかかわらず労務管理がずさんであったり、認識不足もしくは無知・不十分等、対応が遅れていることによって未払残業代を請求されたり、請求されるリスクを負っている企業が多いのではないか。