いつまでもあると思うな親と金と我が社の社員|採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • HRサミット2017 7月下旬お申込み開始予定!

いつまでもあると思うな親と金と我が社の社員

HRプロ編集部
2017/07/04

何かとトラブルになりがちな社員の「引き抜き」。場合によっては会社の死活問題にもなりかねない社員の引き抜き行為は、本来許されるものなのか、許されるとすればどの程度なのか、防止策はないのか。トラブルに巻き込まれないために、引き抜く側、引き抜かれる側それぞれの立場での注意点を考える。
劉備「諸葛亮さんはいるかい?」
童子「留守です」
−数日後−
劉備「今日はいるかな?」
童子「留守です」
−数日後−
劉備「今日は……」
童子「いるけど昼寝をしています」
劉備「では起きるまで待とう」

……こうして劉備は諸葛亮を得て、軍は大いに力をつけて天下にその名を轟かせ、諸葛亮もまた劉備亡き後も蜀の国を支える忠臣となった……というのが有名な「三顧の礼」の故事成語のあらましである。目上の人間が礼を尽くして人材を招いたという話であるが、こうしたことは現代のビジネスシーンにおいてもしばしば見られる。例えば退職した元社員が独立し、元の職場の社員を引き抜いたりすることなどが挙げられよう。しかしこの社員の引き抜きの場合は、「三顧の礼」のように美談で語られることはまれで、大抵の場合トラブルに発展する。感情論はこの際置いておくとして、場合によっては会社の死活問題にもなりかねない社員の引き抜き行為が、本来許される行為なのか、許されるとすればどの程度なのか、防止策はないのか、という部分がこの問題の本質である。
そうしたトラブルに巻き込まれないために、引き抜く側、引き抜かれる側それぞれの立場でどのような点に注意すればよいであろうか。

《引き抜く側の注意点》
特別な場合を除き、基本的に社員の引き抜き行為については、「不法行為→損害賠償責任」という構図が成り立ち得る。そこで、引き抜きを行う側としてはこの不法行為が成立しないように心を配る必要がある。そして、この点についてはラクソン事件(平成3年2月25日東京地裁)というリーディングケースがあり、次のような基準が示されている。
(1)単なる勧誘はOKだが、社会的相当性を逸脱し、極めて背信的な方法はNG
(2)事前予告を行う等、会社の正当な利益を侵害しないよう配慮すべき
これに照らすと、「隠れてこっそり計画」「大人数または重要人物を突如引き抜く」「相手の会社にダメージを与える目的がある」などの事実がある場合は不法行為が成立して、損害賠償責任を負うことになる可能性がある。実際に引き抜き行為を行う場合は、この「社会的相当性を逸脱した違法行為」をしていないかという点に特に注意したい。

《引き抜かれる側の注意点》
自社の社員が引き抜かれる背景には、必ずと言って良いほど現在の職場に対する不満がある。「給料が低い」「ボーナスがない」「昇給がない」「休みがない」などの労働条件に関するものから、「相談する相手がいない」「パワハラ等のハラスメントがある」「とにかく嫌いな人がいる」など人間関係に関するものまで、その内容は多岐にわたる。引き抜きを予防したいという労務相談も時折いただくが、その根本的な対策はこうした労務管理全般に対する普段の取組みがカギを握っていると言えよう。特に、社内でなんでも言い合えるコミュニケーション環境は重要である。最近目にしたケースで次のようなものがあった。
「独立した元社員から勧誘される」→「同僚に相談」→「同僚から上司へ」→「上司から社長へ」→「全員で話し合い」→「問題点の改善行動」→「転職はせず」
社内コミュニケーションが上手くいっていなければ、ひょっとしたら引き抜かれていたかもしれない。そして裏を返せば、ちょっとした社内の取組みで引き抜きに対抗できることもあるということでもある。何よりの予防策は、魅力ある職場づくりなのだ。

すべての日本国民は転職の自由が保障されている(憲法第22条)。つまり、今いる社員はいつ転職していなくなっても全く不思議ではなく、ましてや超が付く人手不足時代である今は、ますますそのリスクが高まっているといえる。「いつまでもあると思うな親と金……と我が社の社員」である。御社では社員に対してあたかも結婚40年の夫婦のように“当たり前”の意識で接し過ぎてはいないだろうか。感謝の気持ちを伝える、思いやりの心を持つ等、日々のコミュニケーションから見直してみるのも良いかもしれない。


出岡社会保険労務士事務所
社会保険労務士 出岡 健太郎

プロフィール

HRプロ編集部

「採用」「教育・研修」「労務」「人事戦略」など、人事がイマ知りたい情報をご提供します。 押さえておきたい基本知識から、最先端のニュース関連情報、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届け。

2019卒版 インターンシップ プログラム作成完全マニュアル申込受付中

関連リンク

  • 企業も従業員も知っておくべき「うつ病」の実像(前編)

    精神疾患のなかでも、「うつ病」ほど身近な病気もないだろう。企業等に属していれば、少なからぬ従業員が罹患し、通院したり、休職したりしていることもある。しかし、「うつ病」の実像をどれだけの人が御存じだろうか。本稿では、現代病ともいえる「うつ病」について、企業・従業員とも理解しておくべき実像を「前編」「後編」に分けてお伝えしよう。

  • 地元就職は難しい? ―― 2018年卒マイナビ大学生Uターン・地元就職に関する調査結果

    各種就職・転職サービスを展開する株式会社マイナビは、2017年5月、「2018年卒マイナビ大学生Uターン・地元就職に関する調査」の結果を発表した。2018年3月大学卒業予定者(有効調査回答数6,969人)を対象に調査を行い、地元に就職を希望する学生の割合の変化のほか、地元企業への就職活動で障害となっていることや、地元就職を希望する理由などについて明らかにしている。

  • 学生が求めるのは「安定」と「やりがい」のバランス? ━━ 2018年就職企業人気ランキング

    株式会社マイナビは、株式会社日本経済新聞社と共同で、2018年卒学生を対象に、2017年の2月から4月半ばにかけて就職人気調査を実施。同年4月26日に「マイナビ・日経 2018 年卒大学生就職企業人気ランキング」として発表した。 文理別、男女別など各上位 100 社の傾向を分析し、その背景を探ってみたい。

  • 「テレワーク」は働き方を変えるか!?

    政府はワーク・ライフ・バランスを推進するために、多様な働き方のひとつとしてのテレワークを推奨している。しかし、実際に導入に踏み切る企業(特に中小企業において)は少ない。実際にテレワークを導入する場合、企業にどのような影響があるのだろうか。

  • 受動喫煙防止法強化をどうとらえるか

    今年3月に厚労省から「受動喫煙防止対策の強化について(基本的な考え方の案)」が公表された。 受動喫煙防止が平成15年に努力義務とされ10年以上経過したが、依然として飲食店や職場等での受動喫煙は多く、取り組みは限界に達している。こうした現状を受けて、喫煙禁止場所の範囲、施設等の管理者の責務、利用者の責務を明らかにし、この3点の義務に違反したものに対して罰則(過料)を適用することが強化のポイントだ。 施工日は平成31年のラグビーワールドカップに間に合うようにしたい、としている。

  • 父親の「家事・育児参加状況のアンケート」子どもの誕生で家事・育児の時間6割が増加

    近年、女性の社会進出が目覚ましい。共働きの世帯は著しく増加し、育児に積極的に参加する「イクメン」が注目されつつある。これまでハードルが高かった男性の育児休暇取得が当たり前になる時代も遠くないと言われているが、実際に子どもがいる男性の働き方や意識はどうなっているのだろうか。 株式会社リクルートコミュニケーションズは、全国の20〜50代の子どもがいる一般男性190人を対象に「家事・育児参加状況のアンケート」を実施し、父親の家事・育児参加の実態を調査した。