働きやすさの「見える化」(6)健康経営で社員も会社も元気になる!|採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • HRサミット2017 7月下旬お申込み開始予定!

働きやすさの「見える化」(6)健康経営で社員も会社も元気になる!

HRプロ編集部
2017/05/17

全6回にわたり、日本企業が今後労働市場から求められる「働きやすさ」をどのように「見える化」し、持続的な企業価値向上につなげていくべきかを考察・提案する連載コラムの第6回目。

ついに最終回の本稿では、健康経営を支える外部リソースとして、助成金・税優遇・低利融資その他各種の支援サービスに焦点をあてて解説していく。

国・自治体や民間団体の支援策を有効活用〜健康経営の総仕上げ〜

*前回記事はこちら

前回までの記事において、健康経営が求められる背景やその概要、具体的な業種や職種にあわせた実践例、対策にあたり特に高度な専門性を要するメンタルヘルスケアと感染症予防、といったトピックについて解説してきた。

これらをふまえ、健康課題の抽出・分析、経営計画・方針への位置づけ(マネジメント層の理解と関与)、産業医をはじめとした産業保健スタッフ等による社内の体制づくり、そしてそれらの評価・反省・情報発信といったPDCAサイクルを循環させていくことが、健康経営の一般的なフローである。

しかしながら、連載当初でふれたようにあくまで健康経営は【健康+経営】もしくは【健康×経営】すなわち、健康への取り組みが経営に資する、相乗効果を生む、といった経営的な視点が欠かせない。

そのうえで、大企業に比べ相対的に経営資源が限られがちな中小企業にとって、必ずしも社内リソースだけですべての取り組みを賄えるとは限らない。
また、せっかく健康課題を抽出・分析し、解決のための計画を立案したとしても、いざ実行するための人的・金銭的コストが壁となり、健康経営そのものの広がりが阻害されてしまうケースも想定される。

そこで最終回の本稿では、視点を社内から社外へと移し、そうした人的・金銭的コストを軽減、もしくは健康経営の取り組みを客観的に評価する仕組みについて解説していく。

まずは厚生労働省、都道府県労働局所管の助成金のうち、健康経営に資するものを例示する(詳しい受給要件は当局へ要照会のこと)。

1)職場意識改善助成金
いくつかのコースに分かれており、労働時間の削減、年次有給休暇の取得促進、または最近注目されている勤務間インターバルやテレワークの導入等に要した経費について助成するもの。上限額は個々のコースごとに異なるが、いずれも所要経費の最大3/4が助成される。

2)職場定着支援助成金
雇用管理制度助成コースにおいて、法定外検診または法定外検診項目の受診の制度化について助成するもの。制度化にあたっては10万円、さらに離職率や生産性の改善につき一定の要件を満たせば72万円が助成される。

3)キャリアアップ助成金
健康診断制度コースにおいて、有期契約労働者等法定対象外の労働者への健康診断の制度化・適用について助成するもの。制度化・適用にあたっては38万円、さらに生産性の改善につき一定の要件を満たせば10万円が助成される。

また、健康経営に取り組む法人向けに、金融機関や信用保証協会による低利融資や保証料の優遇等のインセンティブが日本各地に広がりを見せているほか、自治体においてもその取り組みの水準を認定・顕彰する動きが活発になっている(下表参照)。

  • 1
  • 2

プロフィール

HRプロ編集部

「採用」「教育・研修」「労務」「人事戦略」など、人事がイマ知りたい情報をご提供します。 押さえておきたい基本知識から、最先端のニュース関連情報、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届け。

2019年新卒採用戦略策定のための「2018年新卒採用徹底解剖CD-ROM」

関連リンク

  • 「試用期間」〜その意味と注意点について〜

    新たな年度に入り、今年も新入社員を迎えた企業は多いことだろう。 毎年、日本生産性本部「職業のあり方研究会」がその年の新入社員のタイプを発表している。 今年の新入社員は、「キャラクター捕獲ゲーム型」と命名された。 特徴としては、「はじめは熱中して取り組むが、飽きやすい傾向」があるようだ。人事担当者は、モチベーションを下げずにどのように定着・育成を図っていくか頭を悩ませそうだ。 さて、新たに社員を雇入れた場合、雇用契約書を書面にて作成し、取り交わしが行われる。その中に、試用期間を設け、その期間を仮採用、期間後を本採用とする企業もあるだろう。 だが、「試用期間」の法律的意味合い等について、正しく理解しておられない企業も多いように感じられる。そこで、以下では「試用期間」についての誤解されやすいポイント等について見ていくことにする。

  • 男女間の所得格差、2062年にも解消へ ── 女性の就労観と格差是正の道筋とは

    総合コンサルタント会社であるアクセンチュアが、男女の所得格差に関する調査レポートを発表した。その調査結果によると、男女間の所得格差解消は先進国で2080年(日本では2121年)との予測であり、産官学の積極的な連携・支援によってその実現をより加速させることが可能だという。 日本では男女雇用機会均等法が施行されて30年を超え、さまざまな啓蒙・取り組みが実施されているが、グローバルと比較してもまだまだ道半ばであるといえる。格差是正の早期実現へ向けて課題、支援方法にはどういったものがあるのだろうか。

  • 昇格による戸惑い、女性は「葛藤や板挟み」に問題を感じやすい ── 男女のリアリティショックの差が明らかに

    トーマツイノベーション株式会社は、人材育成研究の専門家である東京大学・中原敦准教授との共同調査研究プロジェクト「女性の働くを科学する」にて、5,000名を超える大規模調査を実施した。今回の調査から男女の仕事観には違いがあり、リーダー・管理職に昇進することで生じる戸惑い(リアリティショック)は同様にあるが、種類が異なることが明らかになった。 「昇進」に対する女性の本音はどういったものだったのか。女性活躍推進が時代のキーワードとなる中、興味深いレポートとなった。

  • シニア世代のアルバイトに関する意識調査で人気は講師・インストラクター

    テンプホールディングス株式会社は、パーソルグループと東京大学中原淳准教授との共同研究「アルバイト・パートの成長創造プロジェクト」において、シニア世代のアルバイトについての調査結果を発表した。長寿国日本において、シニア層の働き場所として注目されるアルバイト職場がどのように活用されるのか。調査結果の分析により、そのヒントが見えてくる。

  • 人事の人生 〜人事課長・春代の物語「社員全員を船に乗せ」第7話〜

    ★前回までのあらすじ 社員の健康度と業務効率を上げたい、と決意した春代。ミーティングを繰り返し、やっと方向性が見えてきたが…… このコラムは、人事部で働く人々にインタビューし、メンタルヘルス対策にかける思いを中心に、その人生の一端を「物語」仕立てにしたものです。(※文中の名称はすべて仮名です)

  • 新入社員に「読書の習慣」を身に付けさせる方法

    社会人になったらビジネス書を継続的に読みたいものである。ところが、これが簡単ではない。それではどうすれば新入社員に「読書の習慣」を身に付けさせられるのだろうか。