シニア世代のアルバイトに関する意識調査で人気は講師・インストラクター|採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • HRサミット2017お申し込み開始

シニア世代のアルバイトに関する意識調査で人気は講師・インストラクター

HRプロ編集部
2017/05/12

テンプホールディングス株式会社は、パーソルグループと東京大学中原淳准教授との共同研究「アルバイト・パートの成長創造プロジェクト」において、シニア世代のアルバイトについての調査結果を発表した。長寿国日本において、シニア層の働き場所として注目されるアルバイト職場がどのように活用されるのか。調査結果の分析により、そのヒントが見えてくる。

日本のシニア世代、働く意識は強い

全国の60歳以上を対象に内閣府が行った調査によると、「いつまでも働きたい」「70歳以上まで働きたい」と答えた人が合わせて65.9%。先進国の中でも高い水準で、日本のシニア層は70歳をこえても働きたいと意欲をもっている人が多いと言える。
そんな日本のシニア層に対し、今回の調査では「アルバイトに関心をもった理由」について質問。50代では収入目的が圧倒的に多いのに対し、年金受給が始まる60代になると、社会との接点を求める傾向が強くなるという結果が出た。これは、男女共通して見られる傾向である。

シニアが好むアルバイト、避けるアルバイト

社会との接点をもっていたいと労働意欲を見せるシニア層だが、職場選びについては、体力面や職場環境に対する適応面での不安からか、好む職種と避ける職種に分かれる。また、男女では傾向に差があるようだ。

男女ともに避けられる職種は、美的感覚が問われそうな「理容・美容」や「アパレル」、立ち仕事が多そうな「飲食」や「アミューズメント」である。これらの仕事は若者相手で、一緒に働くスタッフの年齢層も低そうなイメージがあることも、好まれない要因のひとつであろう。

好む職種については、男性では答えが二極化している。「軽作業」「事務」など精神的負担の少なそうな単純作業系か、「営業職」など長年働いてきた経験を活かせる専門業種系かだ。一方女性は好む職種がかなり限定的で、避ける職種が圧倒的に多くなっている。労働目的が「お金」ではなくなると、「辛いことを我慢してまでは働きたくない」という心理が読み取れる。

そんな中、男女共通して好む職種の上位に入っているのが「インストラクターや講師(塾講師・家庭教師など)」である。
人に何かを教える職種を目指す人が多いのは全年代において言えることだが、人気ぶりはシニア層でも例外ではないようだ。

求められる、シニアならではの講師像

アルバイトに意欲的なシニア層の多くが興味を示す「講師・インストラクター業」には、一定の需要が存在している。

個別指導学習塾大手の明光義塾が積極的にアピールしているのを筆頭に、塾講師はシニア層のニーズが高い。シニア講師は若手講師に比べ、生徒たちと世代差はあるものの、経験値は圧倒的に上だ。生徒たちの親世代より人生経験が豊富なので、保護者にとっても心強い。自分自身が受験経験者であるだけでなく、親として子どもの受験を経験した体験談が語れるのは大きな強みである。

塾講師として歓迎されているのは、大学で教職過程を取得するなど教育に対して一定の知識や経験を持っているシニア層だけではない。世界を飛び回っていた商社マンや、ひとつのことを極限まで追求した技術者などは、豊富な社会経験を語ることができ、勉強以外の大事なことも子どもたちに伝えてくれるといった点が、親たちの支持を得ているのだ。

塾講師の他には、パソコンのインストラクターにもシニア層が多く起用されている。パソコン教室に通うのは主に中高年層であり、若いインストラクターに教えてもらうよりも、同世代か年上の人から教えてもらうことを望む人が多いことが理由であろう。

プロフィール

HRプロ編集部

「採用」「教育・研修」「労務」「人事戦略」など、人事がイマ知りたい情報をご提供します。 押さえておきたい基本知識から、最先端のニュース関連情報、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届け。

2019卒版 インターンシップ プログラム作成完全マニュアル申込受付中

関連リンク

  • 働き方改革に欠かせない時間管理能力

    経団連が7月18日に2017年労働時間等実態調査集計結果を公表した。これは249社(対象労働者110万4,389人)の回答をもとに、年間総労働時間、時間外労働時間、年次有給休暇取得率や、商慣行や職場慣行と長時間労働の要因、その改善策の調査結果をまとめたものである。

  • 中小企業における「人手不足」が加速、建築業やサービス業で顕著に

    厚生労働省によると2017年6月の有効求人倍率(季節調整値)は1.51倍で、43年4ヵ月ぶりの高水準を記録した。なかでも正社員の有効求人倍率は1.01倍となっており、1倍を上回るのは調査開始の2004年以来初めてのことだ。 この状況を受けて、人手不足による企業経営への影響が深刻化している。一人ひとりの従業員の負担が増すだけでなく、離職・採用難で人手が確保できず業務が維持できなくなる「人手不足倒産」に追い込まれるケースも増えている。企業の死活問題といえる人手不足の現状についてリポートする。

  • 大企業に広がる副業志向の波 〜社員1,236名に聞いた、副業している・してみたい社員は約6割〜

    価値観や働き方の多様性が重視されるようになった今、「副業」がクローズアップされている。『大企業における副業している・してみたい社員は約6割』と高い関心が集まっているという調査結果も出ており、自己の成長を実感している社員もいることが特徴だ。一方、企業が副業を認めるためには超えなければならないハードルがある。大企業の社員・人事担当者に広がる副業志向について、意識調査の結果をリポートする。

  • AIは地方を活性化させるのか? ―― ワークス徳島人工知能NLP研究所開設記念イベント

    2016年3月、Googleの傘下ディープマインド社のアルファ碁が世界チャンピオンの韓国の棋士に勝利したニュースが世界をかけ巡ってから、まだ2年もたたないうちに、人工知能というキーワードは急速に広がり、多くの企業が事業に導入するようになった。 そんな中、5月10日、赤坂溜池タワー13Fにて人工知能型の次世代ERP「HUE(R)」を提供する株式会社ワークスアプリケーションズCEOの牧野正幸氏と徳島県知事の飯泉嘉門氏がAIによる地方創生の可能性について語る「ワークス徳島人工知能NLP研究所」の開所記念イベントが行われた。 今回はその中から、ワークス徳島人工知能NLP研究所についての説明と、牧野氏と飯泉知事のトークの様子をレポートする。

  • 企業も従業員も知っておくべき「うつ病」の実像(後編)

    精神疾患のなかでも、「うつ病」ほど身近な病気もないだろう。企業等に属していれば、少なからぬ従業員が罹患し、通院したり、休職したりしていることもある。しかし、「うつ病」の実像をどれだけの人が御存じだろうか。本稿では、現代病ともいえる「うつ病」について、企業・従業員とも理解しておくべき実像を「前編」「後編」に分けてお伝えしよう。

  • 「学ぶ」と「働く」を結ぶ履修履歴オファーサービス ―― 「学業阻害」への解決策となるか

    株式会社パフは、学生の学ぶ意欲の向上と、企業の新卒採用やインターンシップ採用における履修履歴活用サポートを目的とした「履修履歴活用コンソーシアム」を2017年7月1日に発足した。 このコンソーシアムの目玉は、就職活動中の学生から大学で履修した科目に関する情報を集め、それをデータベースにして「見える化」し、そのデータベースを新卒採用に取り組む企業に提供して企業から学生に対してオファーメールを送信できるサービスを構築することだ。このサービスは、2018年4月1日より開始される予定だという。