新入社員に「読書の習慣」を身に付けさせる方法|採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • HRサミット2017 7月下旬お申込み開始予定!

新入社員に「読書の習慣」を身に付けさせる方法

HRプロ編集部
2017/05/08

社会人になったらビジネス書を継続的に読みたいものである。ところが、これが簡単ではない。それではどうすれば新入社員に「読書の習慣」を身に付けさせられるのだろうか。

新入社員研修が「習慣化」の契機になる

新入社員に対する入社直後の研修では、通常「ビジネスマナー」「業務に必要な知識・技術」の教育などが行われる。しかしながら、新入社員に教育したい、もう一つの重要な項目がある。社会人としての『好ましい習慣』を身に付けるための教育である。

社会人の代表的な『好ましい習慣』と言えば「読書の習慣」といえよう。社会人になれば、最低でも月に1冊はビジネス書を読みたいものである。本を読んでいる社会人と本を読んでいない社会人とでは、仕事の質の差は歴然としている。より良い仕事をするためには、「読書の習慣」は必須条件といえるものである。

しかしながら、新入社員が自分自身の努力だけで「読書の習慣」を身に付けることは、決して容易ではない。読書は継続することが困難だからである。従って、新入社員に「読書の習慣」を身に付けさせたいのであれば、入社直後に実施する研修カリキュラムの中に、読書が「習慣化」できるようなメニューを組み込むのが効果的である。つまり、研修の段階から社会人としての『好ましい習慣』を実践させるわけである。

たとえば、研修カリキュラムの中に「ビジネス書を読む」という課題を取り入れる方法がある。研修期間中に毎日、30分から1時間程度、ビジネス書を読む時間を設け、読み終えたら以下の点について小論文を記述させてみるのである。
(1) どのようなことが書かれている書籍か。
(2)書籍に書かれていることのうち、「今後の自分にとって役に立つだろうと思われる事項」は何か。
(3)2で記述したことは、具体的には今後の自分にどのように役に立つと思われるのか。
記述した小論文は他の研修メンバーの前で発表をさせ、皆で書籍から得られる効用を共有しようというカリキュラムである。

入社1年目は『好ましい習慣』を身に付けるための時期

学生時代には全く本を読むことがなかった新入社員も、このようなカリキュラムを導入することにより読書が身近になり、本を読む行為が「習慣化」されやすくなるものである。また、この研修カリキュラムには「読む」「聞く」「考える」「話す」「書く」というスキルを鍛える効果が備わっているため、ビジネススキルを総合的に向上させるのにも有効な手法といえよう。

定期的にビジネス書を読むという行為は、社会人1年目で「習慣化」してしまえば、通常、その後は苦労せずに本を読み続けることが可能になる。これに対し、社会人になった直後に本を読む行為を「習慣化」できなかった場合は厄介である。入社から数年経過した後に「これからは定期的に本を読もう」と考えても、その時点から読書を「習慣化」することは困難だからである。

入社から数年の間、読書をしてこなかった社員には、プライベートな時間をダラダラと過ごす『好ましくない習慣』が身に付いているケースが散見されがちである。具体的には、仕事を終えて帰宅後はダラダラとテレビを見る、スマートフォンをいじる、酒を飲むなどの行為が体に染み付いていることが少なくないようである。そのような時間の過ごし方を数年間も続けた後では、いざ「本を読もう」と思い立ったとしても、体が言うことを聞かなくなっているものである。

入社1年目という時期には、社会人としての『好ましい習慣』を身に付けるという極めて大きな意義がある。『好ましい習慣』が身に付くかどうかで、新入社員のその後の職業人人生は大きく左右されてしまう。ぜひ、自社の新入社員に「読書の習慣」をはじめとする『好ましい習慣』を身に付けさせるための教育に取り組みたいものである。


コンサルティングハウス プライオ
代表 大須賀信敬
(中小企業診断士・特定社会保険労務士)

プロフィール

HRプロ編集部

「採用」「教育・研修」「労務」「人事戦略」など、人事がイマ知りたい情報をご提供します。 押さえておきたい基本知識から、最先端のニュース関連情報、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届け。

2019卒版 インターンシップ プログラム作成完全マニュアル申込受付中

関連リンク

  • 「試用期間」〜その意味と注意点について〜

    新たな年度に入り、今年も新入社員を迎えた企業は多いことだろう。 毎年、日本生産性本部「職業のあり方研究会」がその年の新入社員のタイプを発表している。 今年の新入社員は、「キャラクター捕獲ゲーム型」と命名された。 特徴としては、「はじめは熱中して取り組むが、飽きやすい傾向」があるようだ。人事担当者は、モチベーションを下げずにどのように定着・育成を図っていくか頭を悩ませそうだ。 さて、新たに社員を雇入れた場合、雇用契約書を書面にて作成し、取り交わしが行われる。その中に、試用期間を設け、その期間を仮採用、期間後を本採用とする企業もあるだろう。 だが、「試用期間」の法律的意味合い等について、正しく理解しておられない企業も多いように感じられる。そこで、以下では「試用期間」についての誤解されやすいポイント等について見ていくことにする。

  • 男女間の所得格差、2062年にも解消へ ── 女性の就労観と格差是正の道筋とは

    総合コンサルタント会社であるアクセンチュアが、男女の所得格差に関する調査レポートを発表した。その調査結果によると、男女間の所得格差解消は先進国で2080年(日本では2121年)との予測であり、産官学の積極的な連携・支援によってその実現をより加速させることが可能だという。 日本では男女雇用機会均等法が施行されて30年を超え、さまざまな啓蒙・取り組みが実施されているが、グローバルと比較してもまだまだ道半ばであるといえる。格差是正の早期実現へ向けて課題、支援方法にはどういったものがあるのだろうか。

  • 働きやすさの「見える化」(6)健康経営で社員も会社も元気になる!

    全6回にわたり、日本企業が今後労働市場から求められる「働きやすさ」をどのように「見える化」し、持続的な企業価値向上につなげていくべきかを考察・提案する連載コラムの第6回目。 ついに最終回の本稿では、健康経営を支える外部リソースとして、助成金・税優遇・低利融資その他各種の支援サービスに焦点をあてて解説していく。

  • 昇格による戸惑い、女性は「葛藤や板挟み」に問題を感じやすい ── 男女のリアリティショックの差が明らかに

    トーマツイノベーション株式会社は、人材育成研究の専門家である東京大学・中原敦准教授との共同調査研究プロジェクト「女性の働くを科学する」にて、5,000名を超える大規模調査を実施した。今回の調査から男女の仕事観には違いがあり、リーダー・管理職に昇進することで生じる戸惑い(リアリティショック)は同様にあるが、種類が異なることが明らかになった。 「昇進」に対する女性の本音はどういったものだったのか。女性活躍推進が時代のキーワードとなる中、興味深いレポートとなった。

  • シニア世代のアルバイトに関する意識調査で人気は講師・インストラクター

    テンプホールディングス株式会社は、パーソルグループと東京大学中原淳准教授との共同研究「アルバイト・パートの成長創造プロジェクト」において、シニア世代のアルバイトについての調査結果を発表した。長寿国日本において、シニア層の働き場所として注目されるアルバイト職場がどのように活用されるのか。調査結果の分析により、そのヒントが見えてくる。

  • 人事の人生 〜人事課長・春代の物語「社員全員を船に乗せ」第7話〜

    ★前回までのあらすじ 社員の健康度と業務効率を上げたい、と決意した春代。ミーティングを繰り返し、やっと方向性が見えてきたが…… このコラムは、人事部で働く人々にインタビューし、メンタルヘルス対策にかける思いを中心に、その人生の一端を「物語」仕立てにしたものです。(※文中の名称はすべて仮名です)