人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • キャンリクフォーラム 大学と企業の合同相談会2017

インターンシップに注目! 17年卒採用の振り返りから見えてくる18年卒採用動向

HRプロ編集部
2017/04/17

16年卒採用、17年卒採用と2年続けてスケジュールが変更となり大きな混乱を招いた新卒採用。18年卒採用は前回と同じく3月1日に企業説明会が解禁、選考も6月1日に解禁となる。
18年卒の新卒採用を成功させるためには、何が有効なのか。どういった点に注意すべきか。17年卒採用を振り返り、考察してみたい。

企業は大苦戦! 17年卒採用を振り返る

17年卒の新卒採用を総括すると、売り手市場化が進み学生が応募数を絞り込んだため、応募者数が減少したほか、短期決戦で早くに内定を受けた学生が、後に迷いが生じるなどで、内定を辞退するケースが増加した。また、特定の業界が注目を集める一方で、BtoB企業、不認知・不人気企業は学生から発見されにくくなり、学生を集めることに苦労したことなどが挙げられる。
6月末段階で、第1志望からの内定をもらった学生は、文系6割、理系7割。文系の7割、理系の8割が早期に就職活動を終了したため、企業は後半、内定数充足率が上がらずに苦戦を強いられた。

企業の動向で目立った点は以下の通りである。

(1)広報活動に苦戦する企業が目立つ
17年卒は説明会解禁の3月から選考解禁の6月まで実質3ヵ月しかなかったため、プレエントリー数、セミナー参加者数共に減となった企業が多く、広報に苦戦する様子がうかがえた。

(2)内定充足率に見る大企業と中小企業の格差
2016年11月段階での内定充足率を見ると、大企業では5割以上であったが、中堅企業の23%、中小企業の33%が5割未満であった。中でも、中小企業では充足率が2割未満という企業も15%あり、大企業と中小企業の格差が際立った。

(3)インターンシップに注目が集まる
従来、インターンシップ実施のピークは夏と冬で、夏の方が盛んだった。しかし、広報解禁が3月になったことで、直前の2月開催企業数が8月開催企業数を抜いた。長期休暇の夏の就業体験型とは違い、何かと批判のある半日〜1日のセミナータイプが主流だったが、実際は学生の評価は悪くなかった。
また、過半数の企業が採用選考にインターンシップを利用。特に中小企業では、半数の企業が採用と直結した。文系、理系共に3分の2の学生がインターンシップ先企業に正式に応募し、2016年11月段階で文系の3割、理系の4割以上が、インターンシップ先から内定を得ていた。

(4)採用ナビに頼らないオリジナルの企業説明会
採用ナビに頼らない採用方法へ変化しつつあり、説明会の内容も多様化した。社長や役員が登壇、夕方や週末開催など、各企業で工夫をこらしていた。

(5)採用方法の多様化
スカウトサイト、リクルーター、OB・OG訪問などを活用する、エントリーシートの提出期限を早めるなど、企業それぞれの方法が採られた。

(6)大企業は学内企業セミナーを重視
企業規模が大きいほど、「合同企業セミナー」ではなく、参加学生を特定の大学に絞ることができる「学内企業セミナー」を重視した採用を行っていた。これは、大企業ほど欲しいターゲットを絞り込んでいた結果であると思われる。

18年卒新卒採用は早期決戦! インターンシップがさらに重視される

18年卒採用の今後の動向はどうなるのか。ここでも企業が注目する取り組みとして、「学内企業セミナー」「インターンシップ」「自社セミナー」の3つが挙げられる。特にインターンシップが今年も高い注目を集めている。

【企業の動向】
(1)インターンシップ実施企業の増加

早い段階で学生に企業が認知され、採用に結びつく可能性も高く、学生の参加意欲も高いというインターンシップの有用性から、大手企業を中心にインターンシップ実施企業が増加。既に大手企業の4割が、夏のインターンシップを実施済みというデータもあり、採用活動開始直前の冬のインターンシップは、1日タイプで大手企業中心に6割の企業が実施したと予想される。

(2)学内企業セミナー実施企業の増加
学内企業セミナーの参加大学を増やすという企業が3割近くに上っている。

(3)個別セミナー開始は3月が最多
個別セミナーの開始は3月という企業が最も多く、2月までに開始する企業と合わせると全体の3/4が開催。早めの開催で、面接・内定も早期化が予測される。これに合わせるように、採用HPは2月までに開設する企業が6割となっている。

【大学の動向】
大学側も、18年卒学生に向け強化したい就職指導のトップはインターンシップとしており、インターンシップへの注目度がうかがえる。
学内企業セミナーの開催は広報解禁の3月に集中し、その後4月と8月に減少するが、10月までは増加傾向である。この学内企業セミナーの参加企業について、これまで実績のある企業だけの参加とする大学は1割にも満たない。多くの大学で、新規企業の参加を受け入れる用意があるということを覚えておきたい。


売り手市場が続く中、インターンシップや個別セミナーなど、採用手法の多様化は一層進むとみられる。
18年卒採用ではすべての企業層で3月以前からの活動が活発となり、面接・内定が前倒しの傾向が予想されることから、企業は早期決戦を意識し、早い段階で学生の志望動機を高めていく必要がある。母集団形成後にセミナーを開催する時間的余裕はあまりないことから、同時並行で選考を進める企業も少なくないだろう。
学生に自社の魅力を伝え、「入りたい人」ではなく「採りたい人」の採用を実現するため、企業側には先手をとる積極性と採用方法が求められてくるのではないだろうか。

著者プロフィール

HRプロ編集部

「採用」「教育・研修」「労務」「人事戦略」など、人事がイマ知りたい情報をご提供します。 押さえておきたい基本知識から、最先端のニュース関連情報、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届け。

HRproBooks 全6タイトル 絶賛発売中!

関連リンク

  • 働く上で大切にしたいもの 第1位「働きやすさ」年々増加傾向に ── 変化する就業観

    今の大学生・大学院生は、いわゆる2002年度から2010年度に実施されていた「ゆとり教育」を受けてきた「ゆとり世代」だ。 ゆとり世代にあたる2018年卒の学生たちが働く上で一番大切にしたいものが、「働きやすさ」であることが株式会社アイデムのアンケート調査で明らかになった。その理由とは一体何なのか。また、彼らがそのような考えに至るようになった社会的・時代的な背景も含めて考えていく。

  • 大和ハウス工業が「就活生の保護者対象会社説明会」「再チャレンジ選考」「配属エリア先約型採用」を実施

    大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2018年度の新卒採用活動で独自のユニークな採用活動を展開する。 その採用活動の内容とは、(1)就職活動生の保護者を対象に説明会を行う「就活生の保護者対象会社説明会」、(2)面接に再度チャレンジできる「再チャレンジ選考」、(3)初任地を確約する「配属エリア先約型採用」の3つ。それぞれどのような制度なのか、詳しく見ていきたい。

  • 健康経営の広がり

    継続的な企業経営には、社員の成長と活躍が不可欠であり、その基盤は“健康”であることに疑いないが、従来、社員の健康問題は自己責任と捉えられる傾向があった。 しかし、近年では社員の健康問題も経営課題と捉える「健康経営」の考え方が広まってきており、経営的な視点、戦略的な実践が企業に求められるようになった。 日本政府の“日本再興戦略”を受けて2015年から始まった東証一部上場企業の健康経営銘柄の選定、ホワイト500の認定など、国全体で健康経営に取り組む企業を評価する動きが進んでおり、東京商工会議所も中小企業への浸透を目指し、昨年から健康経営アドバイザーの認定研修を始めるなど、広がりを見せている。

  • ストレスチェック実施後の経営戦略

    平成26年の労働安全衛生法の改正により、平成27年12月1日から50人以上の従業員を抱える企業等に「ストレスチェック」の実施が義務づけられた。すでに1年以上が経過したが、報道によると実施率はあまり芳しくないようである。

  • 働きやすさの「見える化」(5)健康経営で社員も会社も元気になる!

    全6回にわたり、日本企業が今後労働市場から求められる「働きやすさ」をどのように「見える化」し、持続的な企業価値向上につなげていくべきかを考察・提案する連載コラムの第5回目。 今回は業種・職種を横断して事業主に求められる「メンタルヘルスケアと感染症予防対策」に焦点をあてて解説していく。

  • 富士通が全社員35,000人にテレワークを導入、「三位一体の働き方改革」とは?

    2017年2月28日、富士通株式会社は同年4月21日から全社員約3万5000人を対象に「テレワーク勤務制度」を正式導入すると発表した。 同社では、この制度の導入により自宅はもちろんサテライトオフィス、出張先や移動中など場所にとらわれずにフレキシブルな働き方が可能になるとしている。2015年からすでにテレワークを試行しており、2年間で延べ1,200人が利用した結果、生産性が向上し、セキュリティ上の安全性が確認されたために正式導入が決定したという。