新入社員向け「コンプライアンス教育」の重要ポイントとは?|採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • HRサミット2017 7月下旬お申込み開始予定!

新入社員向け「コンプライアンス教育」の重要ポイントとは?


2017/03/22

新入社員に対するコンプライアンスの指導は、企業研修に欠かせないメニューの一つである。ところで、新入社員に対する「コンプライアンス教育」では、どのような点が重要になるだろうか。

コンプライアンスを「法令遵守」とだけ教えないこと

 コンプライアンスという言葉の意味を調べると、「命令や要求などに応じること」という趣旨の解説がされている。経営用語として使用する場合には「法令遵守」と説明されることが多い。そのため、新入社員研修の一環で「コンプライアンス教育」を行う場合には、「企業が法令を遵守することの重要性」を説くことが多い傾向にある。確かに、コンプライアンスの辞書的な意味合いはそのとおりなのだが、このような「コンプライアンス教育」は決して十分な教育とはいえない。コンプライアンスを「法令遵守」とだけ指導していると、新入社員の潜在意識に「法令に違反しない行為であれば問題はない」という思考が刷り込まれてしまいかねないからである。

 企業活動を行う上では、法令に違反しない行為であっても顧客から問題視されることが数多くある。法令に違反しない行為が企業の存続にかかわる大きな社会的制裁の対象になることさえ少なくない。従って、「コンプライアンス教育」を行う際には、仮に法令に明確な定めがない行為であったとしても、業界内・企業内での決まり事に反する行為なのであれば決して行うべきではないことも指導しなければならない。さらには、法令にも業界内・企業内にも特別な決まり事がない行為であったとしても、「社会から受け入れられないような行為」は断じて行うべきではないことまで教育することが重要になる。

 企業活動を遂行する上で求められるコンプライアンスは、3つの階層に区分して考えることができる。3つの階層とは次のとおりである。
・第1階層:法令に違反する行為は行わないこと。
・第2階層:法令に明確な定めがなくても、組織内のルールに違反する行為であれば行わないこと。
・第3階層:法令、組織内のルールのいずれにも明確な定めがない場合であっても、社会で認められないような行為は行わないこと。
 以上を企業コンプライアンスの3階層などという。新入社員に対する「コンプライアンス教育」では、実際に発生した企業不祥事が企業コンプライアンスの第1から第3階層のうち、どの階層に違反したのかを明確にして教育することが効果的である。

「社員の倫理観」が「組織の倫理観」を作る

 企業コンプライアンスの3階層の中で最も実行が難しいのは、第3階層の「法令、組織内のルールのいずれにも明確な定めがない場合であっても、社会で認められないような行為は行わないこと」という考え方である。必ずしも明文化されたルールを守るわけではないからだ。第3階層は、換言すれば「常に倫理観のある行動をとること」ともいえる。企業・組織の「倫理観」はその構成員である社員一人ひとりが持つ「倫理観」の集合体として形成される。従って、社員皆が「高度な倫理観」を持てば、企業・組織も「高度な倫理観」を持った組織体となるわけである。

 企業コンプライアンスには諸説あるため、必ずしも上記のような捉え方のみが正しい企業コンプライアンスの理解というわけではない。しかしながら、コンプライアンスをどのように理解したとしても、企業経営上、決して変わることのない事実がある。それは「企業が社会から遵守を求められるものは、法令よりもはるかに幅広く、奥が深い」という点である。従って、新入社員に対する「コンプライアンス教育」では、企業経営が直面するこの現実をいかにして一人ひとりの心に響くように伝えられるかがポイントになる。

 組織構成員は、社歴が長くなるのに伴い、コンプライアンス違反の誘惑も増える傾向にある。中堅社員や幹部社員が「組織を守るため」という理由で不正行為などのコンプライアンス違反に手を染めるのはその典型例である。従って、社員がこのような事態に陥らないようにするためには、社会に出て間もない段階から企業コンプライアンスの3階層の重要性を十分に教育することが必要になる。
 学生生活を終えて社会に出る時期は一生に一度しかない。この生涯に一度きりの教育機会をぜひ有効活用したいものである。


コンサルティングハウス プライオ
代表 大須賀信敬
(中小企業診断士・特定社会保険労務士)
2019卒版 インターンシップ プログラム作成完全マニュアル申込受付中

関連リンク

  • 企業も従業員も知っておくべき「うつ病」の実像(前編)

    精神疾患のなかでも、「うつ病」ほど身近な病気もないだろう。企業等に属していれば、少なからぬ従業員が罹患し、通院したり、休職したりしていることもある。しかし、「うつ病」の実像をどれだけの人が御存じだろうか。本稿では、現代病ともいえる「うつ病」について、企業・従業員とも理解しておくべき実像を「前編」「後編」に分けてお伝えしよう。

  • 地元就職は難しい? ―― 2018年卒マイナビ大学生Uターン・地元就職に関する調査結果

    各種就職・転職サービスを展開する株式会社マイナビは、2017年5月、「2018年卒マイナビ大学生Uターン・地元就職に関する調査」の結果を発表した。2018年3月大学卒業予定者(有効調査回答数6,969人)を対象に調査を行い、地元に就職を希望する学生の割合の変化のほか、地元企業への就職活動で障害となっていることや、地元就職を希望する理由などについて明らかにしている。

  • 学生が求めるのは「安定」と「やりがい」のバランス? ━━ 2018年就職企業人気ランキング

    株式会社マイナビは、株式会社日本経済新聞社と共同で、2018年卒学生を対象に、2017年の2月から4月半ばにかけて就職人気調査を実施。同年4月26日に「マイナビ・日経 2018 年卒大学生就職企業人気ランキング」として発表した。 文理別、男女別など各上位 100 社の傾向を分析し、その背景を探ってみたい。

  • 「テレワーク」は働き方を変えるか!?

    政府はワーク・ライフ・バランスを推進するために、多様な働き方のひとつとしてのテレワークを推奨している。しかし、実際に導入に踏み切る企業(特に中小企業において)は少ない。実際にテレワークを導入する場合、企業にどのような影響があるのだろうか。

  • 受動喫煙防止法強化をどうとらえるか

    今年3月に厚労省から「受動喫煙防止対策の強化について(基本的な考え方の案)」が公表された。 受動喫煙防止が平成15年に努力義務とされ10年以上経過したが、依然として飲食店や職場等での受動喫煙は多く、取り組みは限界に達している。こうした現状を受けて、喫煙禁止場所の範囲、施設等の管理者の責務、利用者の責務を明らかにし、この3点の義務に違反したものに対して罰則(過料)を適用することが強化のポイントだ。 施工日は平成31年のラグビーワールドカップに間に合うようにしたい、としている。

  • いつまでもあると思うな親と金と我が社の社員

    何かとトラブルになりがちな社員の「引き抜き」。場合によっては会社の死活問題にもなりかねない社員の引き抜き行為は、本来許されるものなのか、許されるとすればどの程度なのか、防止策はないのか。トラブルに巻き込まれないために、引き抜く側、引き抜かれる側それぞれの立場での注意点を考える。