人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • キャンリクフォーラム 大学と企業の合同相談会2017

新入社員向け「コンプライアンス教育」の重要ポイントとは?


2017/03/22

新入社員に対するコンプライアンスの指導は、企業研修に欠かせないメニューの一つである。ところで、新入社員に対する「コンプライアンス教育」では、どのような点が重要になるだろうか。

コンプライアンスを「法令遵守」とだけ教えないこと

 コンプライアンスという言葉の意味を調べると、「命令や要求などに応じること」という趣旨の解説がされている。経営用語として使用する場合には「法令遵守」と説明されることが多い。そのため、新入社員研修の一環で「コンプライアンス教育」を行う場合には、「企業が法令を遵守することの重要性」を説くことが多い傾向にある。確かに、コンプライアンスの辞書的な意味合いはそのとおりなのだが、このような「コンプライアンス教育」は決して十分な教育とはいえない。コンプライアンスを「法令遵守」とだけ指導していると、新入社員の潜在意識に「法令に違反しない行為であれば問題はない」という思考が刷り込まれてしまいかねないからである。

 企業活動を行う上では、法令に違反しない行為であっても顧客から問題視されることが数多くある。法令に違反しない行為が企業の存続にかかわる大きな社会的制裁の対象になることさえ少なくない。従って、「コンプライアンス教育」を行う際には、仮に法令に明確な定めがない行為であったとしても、業界内・企業内での決まり事に反する行為なのであれば決して行うべきではないことも指導しなければならない。さらには、法令にも業界内・企業内にも特別な決まり事がない行為であったとしても、「社会から受け入れられないような行為」は断じて行うべきではないことまで教育することが重要になる。

 企業活動を遂行する上で求められるコンプライアンスは、3つの階層に区分して考えることができる。3つの階層とは次のとおりである。
・第1階層:法令に違反する行為は行わないこと。
・第2階層:法令に明確な定めがなくても、組織内のルールに違反する行為であれば行わないこと。
・第3階層:法令、組織内のルールのいずれにも明確な定めがない場合であっても、社会で認められないような行為は行わないこと。
 以上を企業コンプライアンスの3階層などという。新入社員に対する「コンプライアンス教育」では、実際に発生した企業不祥事が企業コンプライアンスの第1から第3階層のうち、どの階層に違反したのかを明確にして教育することが効果的である。

「社員の倫理観」が「組織の倫理観」を作る

 企業コンプライアンスの3階層の中で最も実行が難しいのは、第3階層の「法令、組織内のルールのいずれにも明確な定めがない場合であっても、社会で認められないような行為は行わないこと」という考え方である。必ずしも明文化されたルールを守るわけではないからだ。第3階層は、換言すれば「常に倫理観のある行動をとること」ともいえる。企業・組織の「倫理観」はその構成員である社員一人ひとりが持つ「倫理観」の集合体として形成される。従って、社員皆が「高度な倫理観」を持てば、企業・組織も「高度な倫理観」を持った組織体となるわけである。

 企業コンプライアンスには諸説あるため、必ずしも上記のような捉え方のみが正しい企業コンプライアンスの理解というわけではない。しかしながら、コンプライアンスをどのように理解したとしても、企業経営上、決して変わることのない事実がある。それは「企業が社会から遵守を求められるものは、法令よりもはるかに幅広く、奥が深い」という点である。従って、新入社員に対する「コンプライアンス教育」では、企業経営が直面するこの現実をいかにして一人ひとりの心に響くように伝えられるかがポイントになる。

 組織構成員は、社歴が長くなるのに伴い、コンプライアンス違反の誘惑も増える傾向にある。中堅社員や幹部社員が「組織を守るため」という理由で不正行為などのコンプライアンス違反に手を染めるのはその典型例である。従って、社員がこのような事態に陥らないようにするためには、社会に出て間もない段階から企業コンプライアンスの3階層の重要性を十分に教育することが必要になる。
 学生生活を終えて社会に出る時期は一生に一度しかない。この生涯に一度きりの教育機会をぜひ有効活用したいものである。


コンサルティングハウス プライオ
代表 大須賀信敬
(中小企業診断士・特定社会保険労務士)
HRproBooks 全6タイトル 絶賛発売中!

関連リンク

  • 働く上で大切にしたいもの 第1位「働きやすさ」年々増加傾向に ── 変化する就業観

    今の大学生・大学院生は、いわゆる2002年度から2010年度に実施されていた「ゆとり教育」を受けてきた「ゆとり世代」だ。 ゆとり世代にあたる2018年卒の学生たちが働く上で一番大切にしたいものが、「働きやすさ」であることが株式会社アイデムのアンケート調査で明らかになった。その理由とは一体何なのか。また、彼らがそのような考えに至るようになった社会的・時代的な背景も含めて考えていく。

  • 大和ハウス工業が「就活生の保護者対象会社説明会」「再チャレンジ選考」「配属エリア先約型採用」を実施

    大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2018年度の新卒採用活動で独自のユニークな採用活動を展開する。 その採用活動の内容とは、(1)就職活動生の保護者を対象に説明会を行う「就活生の保護者対象会社説明会」、(2)面接に再度チャレンジできる「再チャレンジ選考」、(3)初任地を確約する「配属エリア先約型採用」の3つ。それぞれどのような制度なのか、詳しく見ていきたい。

  • 健康経営の広がり

    継続的な企業経営には、社員の成長と活躍が不可欠であり、その基盤は“健康”であることに疑いないが、従来、社員の健康問題は自己責任と捉えられる傾向があった。 しかし、近年では社員の健康問題も経営課題と捉える「健康経営」の考え方が広まってきており、経営的な視点、戦略的な実践が企業に求められるようになった。 日本政府の“日本再興戦略”を受けて2015年から始まった東証一部上場企業の健康経営銘柄の選定、ホワイト500の認定など、国全体で健康経営に取り組む企業を評価する動きが進んでおり、東京商工会議所も中小企業への浸透を目指し、昨年から健康経営アドバイザーの認定研修を始めるなど、広がりを見せている。

  • インターンシップに注目! 17年卒採用の振り返りから見えてくる18年卒採用動向

    16年卒採用、17年卒採用と2年続けてスケジュールが変更となり大きな混乱を招いた新卒採用。18年卒採用は前回と同じく3月1日に企業説明会が解禁、選考も6月1日に解禁となる。 18年卒の新卒採用を成功させるためには、何が有効なのか。どういった点に注意すべきか。17年卒採用を振り返り、考察してみたい。

  • ストレスチェック実施後の経営戦略

    平成26年の労働安全衛生法の改正により、平成27年12月1日から50人以上の従業員を抱える企業等に「ストレスチェック」の実施が義務づけられた。すでに1年以上が経過したが、報道によると実施率はあまり芳しくないようである。

  • 働きやすさの「見える化」(5)健康経営で社員も会社も元気になる!

    全6回にわたり、日本企業が今後労働市場から求められる「働きやすさ」をどのように「見える化」し、持続的な企業価値向上につなげていくべきかを考察・提案する連載コラムの第5回目。 今回は業種・職種を横断して事業主に求められる「メンタルヘルスケアと感染症予防対策」に焦点をあてて解説していく。