人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • キャンリクフォーラム 大学と企業の合同相談会2017

2018年 無期労働契約への転換


2017/03/13

 平成24年8月、改正労働契約法が公布された。
 改正点は「雇止め法理の法定化」「不合理な労働条件の禁止」そして、「無期労働契約への転換」の3つ。企業に与える影響は「無期労働契約への転換」がもっとも大きいだろうと感じたことを記憶している。
 その日から約4年半がたち、平成30年4月1日には、最初の無期労働契約への転換者が出てくることとなる。
 そもそも、この無期転換とはどのような制度であり、企業はどのような対策をとる必要が出てくるのだろうか。

無期転換のルールとは

 同一の使用者との間で、有期労働契約が通算で5年を超えて反復更新された場合は、労働者の申込みにより、無期労働契約への転換が必要となる。通算の契約期間には、平成25年3月31日以前に開始した有期労働契約の期間は含まれず、平成25年4月1日以後に開始する有期労働契約が対象となる。
 なお、転換にあたり、契約期間を除いては、従前の有期労働契約の内容と同一の条件でかまわない。つまり、従前の契約が時給1,200円、飲食店でのキッチンスタッフの業務、契約期間が6ヵ月であった場合、最後の契約期間のみがなくなり、あとの契約内容は従前のものを引き継ぐことになる。
 また、有期労働契約とその次の有期労働契約の間に、契約がない期間が6か月以上(通算対象の契約期間が1年未満の場合は、その2分の1以上)あるときは、その空白期間より前の有期労働契約は通算契約期間には含めないとされている。

企業のとるべき対策は

 企業としては、契約基準の厳格化などの有期労働契約の見直し等を行い、有期契約の更新上限を設定する等、極力転換が生じないような対策をとるという方法も考えられる。しかし、「雇止め法理」の問題や「人材不足」といった問題があり、5年以内で雇止めを行っていくのは、コストや労力の面からも現実的ではないように感じる。企業としては、無期転換した社員をどのように管理していくか考えるべきだ。
 現状、パート・アルバイト・契約社員といわれる有期労働契約社員に関しては、一般に正社員といわれる無期労働契約社員とは異なる雇用管理を行っている企業が多く、就業規則等の社内規程もわけられているのが一般的だろう。
 無期転換により、業務内容はパート・アルバイト・契約社員と変わらないが、契約期間の定めのない社員が出てくることとなった場合に、現状の就業規則等では対応しきれないと考えられる。
 パート・アルバイト・契約社員と正社員の間に無期社員等の新たな社員区分を設け、その社員区分に適用する新たな規則を作成するのか、はたまた正社員用の規則を準用するのかなど、無期転換社員をどのように管理していくか検討が必要となる。

 最初の無期転換ルールの適用者が出てくるまで約1年となった。
 企業としては、無期転換者をどのように管理していくか早急に検討する必要が出てきている。
 上記の通り、転換にあたっては従前の契約内容(契約期間を除く)を引き継ぐこととなる。但し、契約内容については「別段の定め」がある場合には変更することは可能である。無期転換を契機に、業務内容等を見直し、企業に貢献してもらうことを考えてみてもいいかもしれない。
 また、無期転換を前に正社員への転換を図ることも可能である。その場合、「キャリアアップ助成金」の支給対象ともなる。企業としては、有期契約労働者をどのように管理していくのか、長期的視点に立って考える必要があるのではないだろうか。

社会保険労務士たきもと事務所

代表 瀧本 旭
HRproBooks 全6タイトル 絶賛発売中!

関連リンク

  • 働く上で大切にしたいもの 第1位「働きやすさ」年々増加傾向に ── 変化する就業観

    今の大学生・大学院生は、いわゆる2002年度から2010年度に実施されていた「ゆとり教育」を受けてきた「ゆとり世代」だ。 ゆとり世代にあたる2018年卒の学生たちが働く上で一番大切にしたいものが、「働きやすさ」であることが株式会社アイデムのアンケート調査で明らかになった。その理由とは一体何なのか。また、彼らがそのような考えに至るようになった社会的・時代的な背景も含めて考えていく。

  • 大和ハウス工業が「就活生の保護者対象会社説明会」「再チャレンジ選考」「配属エリア先約型採用」を実施

    大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2018年度の新卒採用活動で独自のユニークな採用活動を展開する。 その採用活動の内容とは、(1)就職活動生の保護者を対象に説明会を行う「就活生の保護者対象会社説明会」、(2)面接に再度チャレンジできる「再チャレンジ選考」、(3)初任地を確約する「配属エリア先約型採用」の3つ。それぞれどのような制度なのか、詳しく見ていきたい。

  • 健康経営の広がり

    継続的な企業経営には、社員の成長と活躍が不可欠であり、その基盤は“健康”であることに疑いないが、従来、社員の健康問題は自己責任と捉えられる傾向があった。 しかし、近年では社員の健康問題も経営課題と捉える「健康経営」の考え方が広まってきており、経営的な視点、戦略的な実践が企業に求められるようになった。 日本政府の“日本再興戦略”を受けて2015年から始まった東証一部上場企業の健康経営銘柄の選定、ホワイト500の認定など、国全体で健康経営に取り組む企業を評価する動きが進んでおり、東京商工会議所も中小企業への浸透を目指し、昨年から健康経営アドバイザーの認定研修を始めるなど、広がりを見せている。

  • インターンシップに注目! 17年卒採用の振り返りから見えてくる18年卒採用動向

    16年卒採用、17年卒採用と2年続けてスケジュールが変更となり大きな混乱を招いた新卒採用。18年卒採用は前回と同じく3月1日に企業説明会が解禁、選考も6月1日に解禁となる。 18年卒の新卒採用を成功させるためには、何が有効なのか。どういった点に注意すべきか。17年卒採用を振り返り、考察してみたい。

  • ストレスチェック実施後の経営戦略

    平成26年の労働安全衛生法の改正により、平成27年12月1日から50人以上の従業員を抱える企業等に「ストレスチェック」の実施が義務づけられた。すでに1年以上が経過したが、報道によると実施率はあまり芳しくないようである。

  • 働きやすさの「見える化」(5)健康経営で社員も会社も元気になる!

    全6回にわたり、日本企業が今後労働市場から求められる「働きやすさ」をどのように「見える化」し、持続的な企業価値向上につなげていくべきかを考察・提案する連載コラムの第5回目。 今回は業種・職種を横断して事業主に求められる「メンタルヘルスケアと感染症予防対策」に焦点をあてて解説していく。