ファイナンシャルプランナーが紐解く保険とリスク|採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • HRサミット2017 7月下旬お申込み開始予定!

ファイナンシャルプランナーが紐解く保険とリスク


2017/02/27

ファイナンシャルプランナー(以下FP)資格の取得から随分月日が経ち、そろそろ復習しておかなければ、と思っていた矢先にFP受験講座の講師依頼が舞い込んだ。教壇に立つにあたって改めてテキストを通読したが、実務に落とし込む部分は個々のFPの力量や考え方に任せる部分が多い。今回は、FP実務の中で最も多い「保険」に関して、所見を述べる。

正しく保険を選ぶには?

 保険の購入にあたって誰もが考えるであろう「リスク」を説明する際に、よく引き合いに出すのが「自動車保険(任意保険)」である。自動車保険を購入する場合、多くの人たちが選択しているのが「対人賠償無制限」「対物賠償無制限」の保険である。どちらにするのかを無意識のうちに選択している人が多いが、実はちゃんとした根拠をもって選ぶことができる。

 理不尽なことかもしれないが、自動車の死亡事故における被害者への賠償は、「被害者の稼ぎ」によって決められてしまう。したがって、場合によっては数億円の損害賠償となることもあり得るのだ。加害者が、その損害賠償額を普段の収入や貯蓄の中から支払えればいいが、大多数の人にそのような資力はない。そのため「保険」という仕組を使って、万が一の状況に至ったときのために「リスク」を外部に移転しておくわけである。そうすることで、安寧な生活が確保できることになる。
 つまり、ある「保険を購入」すべきか否かは、遭遇する可能性のある事故による経済的負担が自身の普段の生活を破壊するか否か、というメルクマールで測定することに他ならない。

 この考え方を「生命保険(死亡保険)」に当てはめてみよう。
 この保険は、被保険者(例えば夫または妻)の死亡事故により、困窮するであろう遺族(例えば妻または夫や子ども)の生活を補償するための保険である。被保険者が亡くなっても、その家族に多額の資産があれば、生命保険に頼る必要はない。そうでない場合は、前述の自動車保険と同様の考え方でリスク移転を検討しなければならない。しかし、ほとんどの人はここで「感覚」に頼って保険を購入してしまう。

 例えば、夫の収入が妻より多い共働き会社員の夫婦がいたとしよう。このようなケースでは、例外なく「夫が購入している生命保険金」>「妻が購入している生命保険金」となっている。普通に考えれば、何ら不思議ではないように見えるが、ここに大きな落とし穴がある。「遺族年金」の試算が全く欠けているのだ。生命保険の必要保障額算定には、「遺族年金」(遺族基礎年金及び遺族厚生年金)の知識が必須なのである。

 日本の年金制度は「女尊男卑」であることは以前のコラムでも取り上げた。
 「遺族基礎年金」は平成26年からやっと男女平等になったが、「遺族厚生年金」は未だに男女差が大きい。詳細は割愛するが、女性が遺族となれば年齢に関係なく受給できるが、男性の場合は60歳未満であれば支給されない。であれば、先ほどの夫婦の場合の生命保険金は「夫」<「妻」であるべきことがわかる。

生活のリスク管理としての、保険の重要性

 さらに、「医療保険」を考えてみよう。
 この保険は誰のために買うのかといえば、自分のためである。では、自分のどのようなリスクを保険に移転するのだろうか?病気や怪我になったときの医療費の自己負担分が支払えないから?中にはそのような人もいるだろうが、多くの場合、かかった病気や怪我による医療費を自己負担できないことはないだろう。単純に公的医療保険の「高額療養費」の存在や内容を知らないだけだ。これによれば、入院1カ月につき約10万円の自己負担で済んでしまう。その程度のリスクであれば、敢えて医療保険に頼る必要性は限りなくゼロに近い。

 では、視点を変えて、病気や怪我などの事故によって、自分の生活が破綻するようなリスクは考えられないだろうか?当座の医療費は賄えても、それらの後遺症で重い障害等が遺り、仕事を失ってしまう恐れもあり得るだろう。このような状況に至るリスクこそ保険によってカバーしておくべきだ。
 もちろん、公的制度として「傷病手当金」や「障害年金」も用意されている。しかし、可能であれば多くの選択肢を準備しておいた方がよい。保険商品の中には、病気や怪我等によって就業不能状態となった場合に毎月定額の保険金が70歳まで支給される「就業不能保険」というのもあるので、一考の価値はある。

 以上のように、保険を購入する場合は、販売されている保険商品ありきで考えないことが肝要である。ある事故によって、誰がリスクを負い、そのリスクが普段の生活や将来の生活にどのような影響を及ぼすか、そして自分たちの生活を破壊するリスクに限定して商品購入を検討すべきだろう。併せて、健康保険制度や年金制度など社会保障制度の理解に努めておかなければならない。


株式会社WiseBrainsConsultant&アソシエイツ
社会保険労務士・CFP(R) 大曲義典
2019卒版 インターンシップ プログラム作成完全マニュアル申込受付中

関連リンク

  • 企業も従業員も知っておくべき「うつ病」の実像(前編)

    精神疾患のなかでも、「うつ病」ほど身近な病気もないだろう。企業等に属していれば、少なからぬ従業員が罹患し、通院したり、休職したりしていることもある。しかし、「うつ病」の実像をどれだけの人が御存じだろうか。本稿では、現代病ともいえる「うつ病」について、企業・従業員とも理解しておくべき実像を「前編」「後編」に分けてお伝えしよう。

  • 地元就職は難しい? ―― 2018年卒マイナビ大学生Uターン・地元就職に関する調査結果

    各種就職・転職サービスを展開する株式会社マイナビは、2017年5月、「2018年卒マイナビ大学生Uターン・地元就職に関する調査」の結果を発表した。2018年3月大学卒業予定者(有効調査回答数6,969人)を対象に調査を行い、地元に就職を希望する学生の割合の変化のほか、地元企業への就職活動で障害となっていることや、地元就職を希望する理由などについて明らかにしている。

  • 学生が求めるのは「安定」と「やりがい」のバランス? ━━ 2018年就職企業人気ランキング

    株式会社マイナビは、株式会社日本経済新聞社と共同で、2018年卒学生を対象に、2017年の2月から4月半ばにかけて就職人気調査を実施。同年4月26日に「マイナビ・日経 2018 年卒大学生就職企業人気ランキング」として発表した。 文理別、男女別など各上位 100 社の傾向を分析し、その背景を探ってみたい。

  • 「テレワーク」は働き方を変えるか!?

    政府はワーク・ライフ・バランスを推進するために、多様な働き方のひとつとしてのテレワークを推奨している。しかし、実際に導入に踏み切る企業(特に中小企業において)は少ない。実際にテレワークを導入する場合、企業にどのような影響があるのだろうか。

  • 受動喫煙防止法強化をどうとらえるか

    今年3月に厚労省から「受動喫煙防止対策の強化について(基本的な考え方の案)」が公表された。 受動喫煙防止が平成15年に努力義務とされ10年以上経過したが、依然として飲食店や職場等での受動喫煙は多く、取り組みは限界に達している。こうした現状を受けて、喫煙禁止場所の範囲、施設等の管理者の責務、利用者の責務を明らかにし、この3点の義務に違反したものに対して罰則(過料)を適用することが強化のポイントだ。 施工日は平成31年のラグビーワールドカップに間に合うようにしたい、としている。

  • いつまでもあると思うな親と金と我が社の社員

    何かとトラブルになりがちな社員の「引き抜き」。場合によっては会社の死活問題にもなりかねない社員の引き抜き行為は、本来許されるものなのか、許されるとすればどの程度なのか、防止策はないのか。トラブルに巻き込まれないために、引き抜く側、引き抜かれる側それぞれの立場での注意点を考える。