ドリルを買うお客様が欲しいのは穴であってドリルではない|採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • HRサミット2017 7月下旬お申込み開始予定!

ドリルを買うお客様が欲しいのは穴であってドリルではない

HRプロ編集部
2014/10/27

企業にとって優秀な営業社員を採用すること、または育てることは極めて重要だ。もちろん、商品の品質や会社の信用が重要なのは言うまでもない。商品が粗悪では一時的に売れたとしても、継続することは難しい。一度でも信用を失ったら、その回復は困難である。当たり前のことである。しかし、優秀な営業社員がいなければ、会社の発展はない。多くの会社では、商品を売ることなしには会社は維持できないからだ。
 そんなとても大切な営業社員の教育だが、その現場を見せていただくと、「これでは契約を取れる営業社員は育たないのではないか」と思うことがある。

 一生懸命に自社の製品の品質、素晴らしさを説明するように教育されているのだ。自社の商品に自信があるとなおさらそのような傾向があるように思う。

 当然のことながら、そのような教育を受けた営業社員は自社の商品をアピールすることになる。しかし、自社の商品の性能をいくらアピールしたとしても売ることは難しい。なかなか結果が出ないのではないかと思う。仕事が苦痛で仕方がなくなり、会社を辞めていくのではないかと心配になる。おそらく私もそのような教育を受けたら結果が出ない一人になると思う。

 なぜ、自社の商品説明をしても売れないのだろうか?
以前、ある方に言われて目が覚めた言葉がある。

「ドリルを買う人間が欲しいのは穴であって、ドリルではない」

 当たり前のことではあるが、売る側の人間はこれを見失いがちである。商品に自信があれば、ドリルという自社の商品の性能をアピールすることに終始することになる。
「1秒間に〇回転します」「〇〇という素材を使っています」「業界初です」「他社には真似ができません」等々どれだけ自社のドリルが素晴らしいかを分厚い資料を使って説明をし始める。しかし、それで終わっていたら売れるわけがない。

 そもそも、穴の話をするためには相手の話を聴かないといけない。なぜなら、どのような穴が欲しいのかは相手の話を聞かなければわからないからだ。ドリルという自社の製品の話をするのではなく、どのような穴をお客様が欲しているかを聴く教育が必要である。相手がどのような穴が欲しいかを聞いて、それにふさわしいドリルを提供すれば良いだけだ。ドリルはお客様が欲しいもの(穴)を獲得するための手段に過ぎないのを忘れてはいけないだろう。

 もし、それがきちんと行えるようになったのであれば、次のステップとして、相手がどのような穴を欲しているかを察してご提案できるようになれば良いだろう。しかし、最初のステップはお客様が欲していることを最後まで聞き切る(又は聞き出す)こと。自社の提案はそのあとにすること。それを教育することが先ではないかと思う。

 このコラムをお読みになった方の中には、「そんなことは当たり前だ」と思われた方もいらっしゃるかもしれない。また、「うちの会社では、その考え方は当てはまらない」という方もいらっしゃるかもしれない。

 しかし、これができれば、採用だろうが教育だろうが職場の人間関係であろうがほとんどのことがうまくいくのではないかと私は思っている。だからこそ、このコラムをお読みの方にとっては当たり前のことかもしれないが、あえてこの話を書かせていただいた。


フェスティナレンテ社会保険労務士事務所 小嶋 裕司

プロフィール

HRプロ編集部

「採用」「教育・研修」「労務」「人事戦略」など、人事がイマ知りたい情報をご提供します。 押さえておきたい基本知識から、最先端のニュース関連情報、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届け。

2019卒版 インターンシップ プログラム作成完全マニュアル申込受付中

関連リンク

  • 企業も従業員も知っておくべき「うつ病」の実像(前編)

    精神疾患のなかでも、「うつ病」ほど身近な病気もないだろう。企業等に属していれば、少なからぬ従業員が罹患し、通院したり、休職したりしていることもある。しかし、「うつ病」の実像をどれだけの人が御存じだろうか。本稿では、現代病ともいえる「うつ病」について、企業・従業員とも理解しておくべき実像を「前編」「後編」に分けてお伝えしよう。

  • 地元就職は難しい? ―― 2018年卒マイナビ大学生Uターン・地元就職に関する調査結果

    各種就職・転職サービスを展開する株式会社マイナビは、2017年5月、「2018年卒マイナビ大学生Uターン・地元就職に関する調査」の結果を発表した。2018年3月大学卒業予定者(有効調査回答数6,969人)を対象に調査を行い、地元に就職を希望する学生の割合の変化のほか、地元企業への就職活動で障害となっていることや、地元就職を希望する理由などについて明らかにしている。

  • 学生が求めるのは「安定」と「やりがい」のバランス? ━━ 2018年就職企業人気ランキング

    株式会社マイナビは、株式会社日本経済新聞社と共同で、2018年卒学生を対象に、2017年の2月から4月半ばにかけて就職人気調査を実施。同年4月26日に「マイナビ・日経 2018 年卒大学生就職企業人気ランキング」として発表した。 文理別、男女別など各上位 100 社の傾向を分析し、その背景を探ってみたい。

  • 「テレワーク」は働き方を変えるか!?

    政府はワーク・ライフ・バランスを推進するために、多様な働き方のひとつとしてのテレワークを推奨している。しかし、実際に導入に踏み切る企業(特に中小企業において)は少ない。実際にテレワークを導入する場合、企業にどのような影響があるのだろうか。

  • 受動喫煙防止法強化をどうとらえるか

    今年3月に厚労省から「受動喫煙防止対策の強化について(基本的な考え方の案)」が公表された。 受動喫煙防止が平成15年に努力義務とされ10年以上経過したが、依然として飲食店や職場等での受動喫煙は多く、取り組みは限界に達している。こうした現状を受けて、喫煙禁止場所の範囲、施設等の管理者の責務、利用者の責務を明らかにし、この3点の義務に違反したものに対して罰則(過料)を適用することが強化のポイントだ。 施工日は平成31年のラグビーワールドカップに間に合うようにしたい、としている。

  • いつまでもあると思うな親と金と我が社の社員

    何かとトラブルになりがちな社員の「引き抜き」。場合によっては会社の死活問題にもなりかねない社員の引き抜き行為は、本来許されるものなのか、許されるとすればどの程度なのか、防止策はないのか。トラブルに巻き込まれないために、引き抜く側、引き抜かれる側それぞれの立場での注意点を考える。