昨年度の人事イベント動員数No.1。日本中の人事部が認めた日本最大級の人事フォーラム・カンファレンス HRサミット2015

昨年度の人事イベント動員数No.1。日本中の人事部が認めた日本最大級の人事フォーラム・カンファレンス HRサミット2015

  • HRプロへ
【HRサミット2016】 日本最大級の人事フォーラム 5月11日・12日・13日開催!申込受付はこちらから!

意識改革を実現!ワークライフバランス浸透の仕掛け〜育児、介護に直面しても活躍し続ける職場作り〜

6月4日 (木) 11:00 - 12:00(提供:TIS株式会社)

この講座のキーワード

講座概要

育児は女性だけでなく、男性も当たり前に携わる社会へ移行し、イクメン及びイクボスが増えていきます。また、親の介護に直面するベテラン従業員も増え、年齢、性別に関わらず時間制約のある働き方で成果を出すことが求められています。ワーク・ライフバランスという言葉は広まってきましたが、実際に職場に浸透させるためには、制度だけでなくソフト面での意識改革が重要課題です。現場で従業員が目標に向かって主体的に働き方を見直し、生産性アップを実現する仕組み作りを、実例を交えながらお伝えします。また、優秀な人材が多様な働き方で成果を上げ続けられるリモートワークの導入事例をご紹介します。

講師紹介

  • 一之瀬 幸生

    セントワークス株式会社 ワーク・ライフバランスコンサルティング担当
    一之瀬 幸生氏

    営業職として幅広い業務を担当する中、恒常的な長時間労働が慢性化している働き方に疑問を持つ。 勝ち続ける組織のためには、残業削減、業務効率化と利益UPを同時実現する働き方が必要と考え、チームセールスや情報共有化などを進め、2000名の社員の中から度々表彰される。 「ワークライフバランス」関連の認定や賞を、国・都・区・民間と4冠で達成したセントワークス社において、ワーク・ライフバランスコンサルティング担当に就き、数々の講演やメディアにも登場している。

申し込みにはログインが必要です。

ログイン

会員登録がまだの方は、会員登録にお進みください。

ID/PWを忘れたら|新規会員登録

6月4日 (木)のタイムテーブル

戻る