ストレチェック義務化等でますます高まる、EAP、メンタルヘルス対策の必要性

初心者からEAPのプロを目指す

  • EAPとは

    EAPとは、Employee Assistance Program(従業員支援プログラム)の略で、「働く人のメンタルヘルスケア」のことを指します。メンタルヘルス対策の先進国であるアメリカでは、フォーチュントップ500の企業のうち約9割がEAPをいち早く導入。その結果事故やミスが減り、生産性が向上したということが報告されているなど、注目が高まっています。

  • EAPとメンタルヘルス対策の
    必要性

    日本においても働く人を取り巻く環境は大きく変化し、労働者のメンタル不調が業務パフォーマンスにも大きな影響を与えるようになりました。うつ病等による休職者増加や労働者の自殺件数の増加、さらには「新型うつ」と呼ばれる新たな症状の出現など、具体的な対応を迫られるケースも増え、EAP導入やメンタルヘルス対策の体制構築を急ぐ企業が増加しています。

  • 人事担当者が
    EAPのプロを目指すメリット

    「ストレスチェック義務化」や2016年4月改正の「障害者雇用促進法」施行など、企業にも具体的な対応力が求められています。人事担当などがEAPのスキルを習得することで、ストレスチェック実施と措置体制の構築、不調者の定期フォロー、社員のモチベーション向上、リスクマネジメント、精神障がいを持つ社員へのフォロー強化など、様々な側面からその知識・スキルを活かせます。

メンタルヘルス対策とEAPが詳しくわかる、無料セミナー開催中

企業の産業保健スタッフに最適 EAP心理カウンセリングセミナー
開催日
4月18日(火)14:00 - 16:30
会場
リカレント新宿 セミナールーム
新宿区新宿3-1-13 京王新宿追分ビル4F
(新宿三丁目駅徒歩1分/新宿駅徒歩3分)
参加費
無料
EAPメンタルヘルスカウンセリング講座には、医師や看護師、保健師の方など、多数の医療業界の方が受講されています。受講生からはEAP心理カウンセリングの習得で、重症度(終末期)を含む患者様やその家族、同僚に対するコミュニケーション技術がしたり、組織の中で受けているストレスに対するセルフケアに役立っているなどたくさんの声が届いています。
このセミナーでは医療の現場においてのメンタルヘルス対策の現状や、医療関係者の方がEAPや心理学・カウンセリング技術を修得することで、業務にどう活せるかを具体的に解説します。
企業の産業保健スタッフや医療業界で働く方のための特別開催です。
今の仕事に活かしたい方、カウンセリング手法に興味がある方、スキルアップを考えている方など、ぜひご参加ください。
EAP心理カウンセリングセミナー
開催日
4月22日(土)14:00 - 16:30
会場
リカレント渋谷 セミナールーム
渋谷区渋谷2-22-8 名取ビル3〜5F
アットビジネスセンター渋谷東口駅前(渋谷駅東口徒歩1分)
参加費
無料
近年、過重労働や成果主義の導入により、働く人の心理的負担が増え、メンタル不調者が急増しています。
メンタル不調の相談は専門医にリファーするのが基本ですが、健全な方でも職場環境や過重労働などでメンタル面が不安定になることが珍しくない今、キャリアコンサルタント/キャリアカウンセラーにもメンタルヘルスケアのスキルや知識が求められるようになってきました。
このセミナーではストレスやうつ病といったメンタルヘルスの知識、心理カウンセリングを行なうにあたっての心理療法の種類、またキャリアコンサルタントの方からニーズの高いEAPメンタルヘルスカウンセラー資格についても詳しく解説します。
キャリアコンサルタント/キャリアカウンセラーの方のための特別開催です。
現在のお仕事に活かしたい方、スキルアップをお考えの方、ぜひご参加ください。

日本初のEAP専門校リカレント メンタルヘルススクール

EAPメンタルヘルスカウンセリング講座の特徴

  • Point1日本初のEAP専門スクール

    リカレント メンタルヘルススクールは、社会人の再教育を目的とした教育機関の「リカレント」から、日本で初めてのEAP専門スクールとして誕生しました。 職場で従業員のメンタルヘルス対策の重要性が叫ばれる一方、有効な手段を打てる専門家の数が足りないのが現状です。

    こうした日本の現状を変えていくべく、 リカレントは EAP教育のパイオニアとして、次代を先駆けるEAPメンタルヘルスカウンセラー、EAPメンタルヘルスコンサルタントを養成していきます。

  • Point2初心者をプロの
    EAPメンタルヘルスカウンセラーに育成

    リカレントがこだわっているのは、初心者をEAPのプロに育成すること。 大学の心理学科や大学院の専攻レベルの内容をコンパクトに、かつ段階的に習得できるように、カリキュラムを構成しています。学んだ内容を実務で活かせるよう、最新のケーススタディを取り入れた実践的な授業を展開しているのも特長です。

    さらに、「合格保証制度」などの資格取得サポートやその他の受講サポートも充実。 様々なバックアップをご用意しています。

  • Point3短期間で3つの資格を取得できる

    リカレントのEAPメンタルヘルスカウンセリング講座は、短期間で3つの資格を取得できるカリキュラムとなっているのが特長です。

    • 資格1EAPメンタルヘルスカウンセラー資格(eMC@資格)

      EAPメンタルヘルスカウンセリング協会(EMCA)が公式に認定した、EAPとメンタルヘルス分野における日本初の総合カウンセラー資格です。資格を取得することで、メンタル不調などにより仕事のパフォーマンスが低下している人に対して、EAPカウンセリングを行うスキルを習得することができます。また、メンタル不調者を取り巻く人を含めた複数の人へ支援を行う高度な技法や、メンタル不調者が所属する組織に対して、具体的なアドバイスや提案を行うためのスキルも身に付けます。

    • 資格2メンタルヘルス・マネジメント®検定U種

      部下が不調に陥らないように配慮するための知識や、安全配慮義務に則った対応を潤滑に行うためのスキルを習得していることを証明するライセンスです。心の病で休職した社員の復職支援に関するスキルも習得できるため、様々な場面で役立つライセンスとして注目されています。 ※メンタルヘルス・マネジメント検定は大阪商工会議所の登録商標です。

    • 資格2メンタルヘルス・マネジメント®検定T種

      企業内における内部EAPの構築や、外部EAPとの連携、社員へのメンタルヘルス対策における教育・研修などの企画立案・実施ができる知識を習得していることを証明するライセンスです。 企業の人事戦略・方針を踏まえたメンタルヘルス対策の計画立案や、内部EAP体制の構築、 外部EAPとの連携推進などにも役立ちます。

      ※メンタルヘルス・マネジメント検定は大阪商工会議所の登録商標です。

講師紹介

企業のパフォーマンスを上げるためには
短期間で結果が出せる
心理カウンセリングが必要です

リカレントメンタル
ヘルススクール
主任講師
石川 裕理

メンタル不調を持つ方をフォローし企業全体のパフォーマンスを向上させるには、不調者本人への適切な対応はもちろんのこと、メンタル不調を抱える部下を持つ上司・同僚など、不調者本人をとりまく人々に対してもカウンセリングを行えるスキルが必要です。こころの不調というのは、人と人とのつながりの中に原因があることが多く、解決に導くにはその環境から改善することが必要になるため、リカレントでは対個人・対組織(集団)の両面から支援できるスキルを習得していきます。また、企業組織の中では、短期間で結果を出すことも必要なため、ブリーフセラピーなど、有効な短期心理療法も学習します。EAPのプロとして活躍するために必要なことを実践的・総合的に学べるのが特長です。

卒業生が次代を担うEAPとメンタルヘルス対策のプロである「EAPメンタルヘルスカウンセラー」として先駆的な存在となり、 メンタル不全で悩む多くの方や企業の力を変える大きな力となることを願います。

講師プロフィール

臨床心理士。EAPコンサルタント。日本、アメリカの大学院にて臨床心理学を修了。 REBT(論理療法・人生哲学感情心理学)、精神分析、交流分析、家族療法、ターミナルケア(死に直面した人への心理援助法)などを学ぶ。 現在は石川裕理心理相談室の室長として個人へのカウンセリングを行う傍ら、精神クリニックにて、グループセラピーの講師としても活動。

コース紹介

  • コースNo.978

    「EAPメンタルヘルスカウンセラー」資格認定試験・学科免除指定コース
    EAPメンタルヘルスコンサルタントコース[総時間数:全54回/135時間]

    ■EAPカウンセリングもコンサルテーションも可能に。独立も目指せる。

    カリキュラム
    • EAPとは
    • EAPコンサルテーションの手順
    • 精神保健学
    • 社内外資源との連携
    • 労働者からの相談の方法
    • 専門家へのリファーと連携
    • 復職者の支援
    • カウンセリングの理論と実践
  • コースNo.971

    「EAPメンタルヘルスカウンセラー」資格認定試験・学科免除指定コース
    EAPメンタルヘルスカウンセラー養成コース[総時間数:全42回/105時間]

    ■カウンセリング・心理療法を体系的に習得。2つの資格も取得化。

    カリキュラム
    • EAPとは
    • カウンセリングの理論と実践
    • 精神保健学
    • 心理療法の種類と目標
    • 労働者からの相談の方法
    • 治療契約/目標設定
    • 個々の労働者への配慮
    • EAPカウンセラーの訓練方法
  • コースNo.953

    メンタルヘルス・マネジメント®検定U種対応
    メンタルヘルス・マネジメント®コース[総時間数:全6回/15時間]

    カリキュラム
    • EAPとは
    • カウンセリングの理論と実践
    • 精神保健学
    • 心理療法の種類と目標
    • 労働者からの相談の方法
    • 治療契約/目標設定
    • 個々の労働者への配慮
    • EAPカウンセラーの訓練方法

メンタルヘルス対策とEAPが詳しくわかる、無料セミナー開催中

国家資格キャリアコンサルタントを目指す方はこちら

リカレント キャリアデザインスクール

国家資格キャリアコンサルタント養成講座 −厚生労働大臣認定講習−

「キャリアコンサルタント」が新たな国家資格に!

2016年4月より、キャリアコンサルタントは、国家資格に位置付けられました。国は、「キャリアカウンセラー10万人計画」を始動し、キャリアカウンセラーの育成が急務とされています。これに伴い、キャリアカウンセラーのニーズが急増し、社会的な期待がより一層高まっています。

初心者からプロのキャリアカウンセラー/コンサルタントを養成するリカレントの特色

  • 特色1

    厚生労働大臣認定講習
    +CDA資格対応

    「国家資格キャリアコンサルタント」と「CDA資格」の2つの資格を目指せます。

  • 特色2

    140時間
    全課程通学スタイル

    厚生労働省推奨の140時間のカリキュラムを、全課程通学で学習。初心者から第一線で活躍できる実践スキルを身に付けます。

  • 特色3

    抜群の資格合格実績

    リカレントのCDA資格の合格率は、90.9%。全国平均の50.5%を大きく上回る抜群の実績を誇ります。