[人事・労務全般]その他労務ワークルール検定 初級(中級もあります)

厚生労働省および日本生産性本部が後援。検定取得でワークルールを身に着ける

費用初級:2900円(中級:4900円)

時期・期間2017年6月11日(締切は5月13日)

実績社数非公開

地域試験会場は全国9都市

提供一般社団法人 日本ワークルール検定協会

資料請求する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事・労務のプロのあなたが「ワークルール」のプロになって社員が安心!

-

解決できる課題

従業員満足度を高めたい

人事・労務担当者の方が「ワークルール検定」を取得し、自社社員の働く安心感や満足度をたかめましょう。

ワークライフバランスを推進したい

「ワークルール」とは、主に働くときに必要な法律や決まりのこと。ワークルール検定を通じて、誰もが働きやすい仕組みをつくりましょう。

事例紹介・ユーザーの声

楽しんで受験できました!

東京から北海道に参加しました。実は、この時が私にとって初めての北海道訪問ともなりました。ワークルール検定はクイズ感覚でワークルールの知識を確認でき、テキストを使って、友人とも問題を出し合うなどして楽しむことが出来ました。知っているつもりのルールでも、勘違いしていたり、忘れてしまっていたりすることがあり、検定を通じて定期的に確認することは重要だと感じました。今後もチャレンジを続けたいです。

初級と中級のワークルール検定を2017年6月11日に実施します

年2回、全国複数の会場にてワークルール検定を実施しています。2017年の初回は6月11日(日)に実施し、その申込受付期間は2017年3月13日(月)から5月13日(土)までです。初級は、札幌市、北見市、留萌市、山形市、高崎市、東京都千代田区、松江市、佐賀市、和歌山市、の9か所で実施します。正社員はもちろん、パート、アルバイト、学生、派遣社員、管理職の方柄まで、どなたでも職場で役立つ法律知識を身につけましょう。