[新卒採用]インターンシップVISITS OB

人の魅力で企業をブランディングー社会人と学生をつなぐプラットフォーム(全学年対象)

費用プランによる

時期・期間通年(月額利用プランあり)

実績社数増加中!

地域全国

提供VISITS Technologies株式会社

資料請求する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新時代到来ー2018卒もその先も、学生とのつながりをすぐに構築できる

解決できる課題

ターゲット層の応募者を集めたい

ターゲット大学や学部学科を想定した社員のプロフィールを登録、有料プランではアプローチ機能(Like!)が無制限でご利用可能

技術系採用を強化したい

学生ニーズが高く魅力付けに効果的なOB訪問の学生への窓口が広がります。特定分野出身の社員プロフィールを登録することでダイレクトにつながります

インターンシップを強化したい

就活直前の学年に限らず、1,2年次から接点を持ち自社独自の早期ブランディングや人材発掘プラットフォームが構築できます。

事例紹介・ユーザーの声

「これ待ってました!」「多くの企業に利用してほしい」という学生・大学からの圧倒的な支持の声が届いているから

学生ユーザーからは

「自分の大学の先輩にこんな人が居るんだ!」
「プロフィールを見ているとわくわくする」
「ニックネームなので個人情報面で安心」
「Like!するのが何となく楽しい」
など

企業・社員ユーザーから

以下のような課題が解決できそう!学生のニーズを捉えてますね、とご評価いただいています。
「就職年次からではなく、もっと早く学生と接点が持ちたい」
「ターゲット校の学生とだけ接点を持ちたい」
「就職ナビサイトでは、企業のブランド力が強くないと学生の集客が難しい」
「会社説明会という画一的な形ではなく、もっと学生の志向性に合わせた接点の持ち方を図りたい」
「DMでは一方的で、アプローチに限界がある」
「OB/OG訪問の依頼があるが、学生の志向性や期待することが分からないから調整しにくい」
「学生からのOB訪問の依頼が五月雨式に届くため、人事として対応が負担がある」
など。

VISITS OBとはー「心を動かす」企業軸から人軸でダイレクトにつながる。学生にとっては社会人のプロフィールそのものが学びのコンテンツ。

「個」に時代がシフトするなか、企業の次世代をつくる新卒採用において 「個人の想い」を学生に共有し共感した学生が集う。 そんなファン母集団形成の潮流が動き出します。

<サービスのしくみ>

・学生は社員のプロフィールを閲覧し「Like!」で意思表明
・企業は社員プロフィールを登録し、学生からの「Like!」を受け座談会設定
・企業は学生プロフィールを閲覧し、学生に「Like!」でアプローチも(有料プラン)

<従来サービスとの違い>

「求人情報なし。情報は社員プロフィール」
 企業の個性         ー> 社員の個性×個性
 企業への応募        ー> 社員ごとにファン形成
 企業イメージ形成      ー> キャリアイメージ形成

「全学年対象。」
 卒業年度別のナビ掲載  ー> 17卒の追加策も18卒の早期策もこれ1つ
 目的別メディアを活用    ー> インターンも採用募集もこれ1つ

「学生へのアプローチ」
 一方的なDMやOffer    ー> 共感からのつながり
 求人への応募       ー> Like!の意思表明

「リクルーター支援」
 自社システムへの来訪者対象 ー> 登録学生全体
 連絡は別ツール       ー> メッセージも予約受付も一括管理

<学生の志向性の変化>

就職ナビサイトが誕生して約20年。同時期に誕生した他分野のインターネットサービスは
大きな進化を遂げましたが、採用サービスだけはほとんど進化がみられない。
しかし最近、この分野にも変化の兆しが現れ始めています。
それを後押しするのが、キャリア選択への志向性の変化です。
今の就活世代は、「物」や「お金」に対する執着が薄く、
「自分がそこで働く意味、理由」といった目的志向が強く、
示される方向性に「共感・共鳴」できないと動かない、という特徴があります。

VISITS OBには求人情報は一切ありません。
なぜなら、企業情報や求人情報では学生の心は動かないから。
あるのは、社会で活躍する先輩社員と学生の個性を表現するプロフィール。

学生にとって先輩社会人のプロフィールそのものが学びのコンテンツです。
そこから始まる出会いが貴社の新しい人材発掘のスタイルになります。

会社情報

社名 VISITS Technologies株式会社
住所 ◆本社 
〒106-0032 東京都港区六本木7-4-4 六本木アートシェル4F
◆シリコンバレー事務所
1865 Bryant Street Palo Alto,CA 94301(スタンフォード大学近接)
代表者 松本 勝(文部科学省事業委員、早稲田大学グローバルアントレプレナー事業外部評価員)
資本金 2億9,200万円
売上高 非公開
従業員数 20名

VISITS Technologies株式会社のサービス一覧