[人事戦略]組織人事コンサルティング適正人員・人件費算定

企業が持続的に成長するために、必要な適正人員数や適正人件費の算定を合理的なアプローチを用いて実施します

費用お問い合わせください

時期・期間3〜6ヵ月

実績社数数十社

地域全国

提供株式会社トランストラクチャ

資料請求する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経営戦略に連動した人員構成・総額人件費管理の実現

解決できる課題

人事戦略を再構築したい

セグメント別の余剰・不足人員数を把握し、中長期の要員計画を策定することができます

総人件費を抑制したい

人員数・給与水準が適正であった場合の総額人件費と現在の人件費を比較し、人件費余剰の要因に対して施策を講じることができます

労働時間の超過を減らしたい

業務プロセスを見直し、業務効率化を図ることができます

事例紹介・ユーザーの声

直近の実施プロジェクト

【業界・業種】製造業/工業用品の製造・販売業
【人数規模】6,000名(本コンサルティングの対象は110名)
■業務改善案の策定とあわせた人員配置の適正化により、人件費削減に成功
工場間接部門における人員配置の適正化が課題だったメーカーへのコンサルティング事例です。 メーカーC社の品質保証部門に対し、現状調査、業務分析、適正人員算定という3つのステップで適正人員算定を実施し、現在の人員構成上の問題を明らかにするとともに、全社最適の視点から人員配置の適正化を図りました。業務分析のステップでは、分析結果に基づき、業務改善案の策定も行いました。

適正人員・人件費算定の特徴

経営戦略の見直しに伴い、必要となる人員数・人員要件も変化するため、経営者や組織・人事を統括する責任者は、現在の経営戦略に基づく適正な人員数・人件費を把握し、現実とのギャップを小さくし、経営効率を高めていかねばなりません。
しかし、適正な人員数・人件費を十分に把握しないまま人員数や人件費を増減させてしまい、結果として、企業の成長力を低下させてしまう企業も少なくないのが実態です。
トランストラクチャでは、企業が持続的に成長するために、必要な適正人員数や適正人件費の算定を合理的なアプローチを用いて行っております。
<主な適正人数・人件費・業務量を測るためのアプローチ例>
1.アクティビティベースの業務量調査
業務項目(アクティビティ)を洗い出し、業務項目単位で業務量を測定することで、部課別・職務等級別に必要なマンパワー(適正人員数)を算定する。

2.業務属性に基づく業務量分析
業務項目別に業務属性(固定/変動/突発の業務区分、コア/ノンコア業務区分、等級別、等)を定義し、これに基づく適正な業務量の測定・分析を実施する。

2-1.ベストプラクティスに基づく適正業務量算定
変動業務に関し、過去数年間で最も高い生産性で遂行されていた時期を基準として、適正業務量を算定する。

2-2.コア業務/ノンコア業務区分に基づく業務量削減可能性検討
業務をコア業務・ノンコア業務に区分し、正社員が担当すべき業務、削減・アウトソーシングの可能性がある業務を分離す ることで、業務量削減可能性を検討する。

3.BPRによる業務プロセス改善及び、業務削減可能性検討
業務プロセスを見直し、業務効率化・重複業務や不要業務の廃止を行うことで、業務改善による業務量削減可能性を検討する。

4.等級ミスマッチ解消による等級別人員構成適正化及び、等級別業務量適正化可能性検討
等級毎に、組織が求める役割と実際に遂行されている業務の難易度が、整合的か判定する。
ミスマッチが生じている場合には、等級別の業務配分を見直すことで等級別業務量の適正化を検討する。

5.財務上からの適正人件費算定
損益分析により適正人件費を把握する。

6.労働市場からの適正人件費算定
会社の規模、業種、職種、地域等からベンチマーク先を選定し、比較・検証することで労働市場からみた自社の適正な給与水準を検討する。"

会社情報

社名 株式会社トランストラクチャ
住所 〒102-0083
東京都千代田区麹町5-4 KY麹町ビル
代表者 林 明文
資本金 8,000万円
売上高 非公開
従業員数 約50名

株式会社トランストラクチャのサービス一覧