人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • 人材採用成功事例
  • HOME>
  • 特集・コラム

特集・コラム

  • トップ
  • 採用
  • 教育研修
  • 人事労務

教育・研修記事一覧

  • 【人財マネジメント〜あの上司のもとで働きたい】

    戦略人財コンサルタント 代表 鬼本昌樹

    第6回 優れたリーダーの「厳」とは

    戦略人財コンサルタント 代表 鬼本昌樹

    前回は、優れたリーダーとなるための条件とその本質の「勇」について解説し、リーダーに必要な勇気、決断、2つの責任について理解されたことと思います。 さて、今回はいよいよ最終回です。孫子の兵法の五徳の中の五番目、「厳」の意味とその本質について理解を深めていきます。

  • 【経営と戦略に同期した人材開発】

    株式会社セルム 常務執行役員 加藤 友希(Kato Tomoki)

    Change Acceleration その3

    株式会社セルム 常務執行役員 加藤 友希(Kato Tomoki)

    永らく日本企業は「組織力が強い」といわれてきました。80年代は特に世界から称賛され、私たち自身もそれを誇りとしていたと思います。

  • 【強いチームをつくる『上司力』】

    株式会社ジェック 戦略プロジェクト推進部 部長 松井 達則

    第82回 新人の配属をチャンスにする(2)

    株式会社ジェック 戦略プロジェクト推進部 部長 松井 達則

    新人の配属を、強いチームへの変革チャンスにするために、前回の記事では配属前に職場で準備することをお伝えしました。 配属される前の準備をしっかり行えば、新人が職場に対する良い第一印象を持つことにつながり、高いパフォーマンスを発揮する土台ができます。

  • 【強いチームをつくる『上司力』】

    株式会社ジェック 戦略プロジェクト推進部 部長 松井 達則

    第81回 新人の配属をチャンスにする(1)

    株式会社ジェック 戦略プロジェクト推進部 部長 松井 達則

    もし、チームに新人が入ることがあれば、それは強いチームをつくるための良い機会になります。いつも同じ顔ぶれのチームで、同じような仕事を続けると、知らず知らずのうちに「慣れ」が出てきてしまい、チームの成長が止まることがあります。また、仕事に対する新鮮味が失われ、アクティブな動きが減っ・・・・

  • 【やりっぱなし研修撲滅宣言!〜今日から始める行動定着型研修〜】

    株式会社ネットマン 代表取締役社長 永谷 研一

    第58回 もっと上司を巻き込もう

    株式会社ネットマン 代表取締役社長 永谷 研一

    前回、「第57回 上司の巻き込み」では、研修の前日に「研修への期待を伝えてもらう」ということの大切さを書きました。 今日はもっと踏み込んだ話を書きたいと思います。 研修がやりっぱなしになる理由の1つに「プライオリティーが上がらない」という問題があります。 設定したアクションプラ・・・・

  • 【HRプロ編集部取材×注目人事トレンド】

    HRプロ 編集部

    〜抜擢人事が組織を変える〜 抜擢人事実践の現場から見えてきたこととは?

    HRプロ 編集部

    従来の年功序列や学歴にとらわれず、若い人材を高いポストに起用する新しい人事のあり方、「抜擢人事」。少子高齢化における若い人材の就業人口の減少、雇用形態の多様化、日々変化していく産業構造の中で、一人ひとりの個性や才能を活かした人材マネジメントが注目されている。 2016年12月8・・・・

  • 【経営と戦略に同期した人材開発】

    株式会社セルム 専務執行役員 田口 佳子

    Change Acceleration その2

    株式会社セルム 専務執行役員 田口 佳子

    私たちは、日本企業がアジアでビジネスを拡大していくことを支援するために、5年前に上海に現地法人「升励銘企業管理諮詢(上海)有限公司」を設立し、1年半前にシンガポールにも現地法人「CELM ASIA Pte. Ltd.」を設立いたしました。現地に赴任してみると、日本にいた時とは違う・・・・

  • 【人財マネジメント〜あの上司のもとで働きたい】

    戦略人財コンサルタント 代表 鬼本昌樹

    第5回 優れたリーダーの「勇」とは

    戦略人財コンサルタント 代表 鬼本昌樹

    前回は、優れたリーダーとなるための条件を「仁」の紹介とともに解説させていただきました。リーダーというと厳しい面が目立つかもしれませんが、部下を思いやる心も同時に備えておかなければならないことを理解していただけたかと思います。 今回も引き続き孫子(孫武)の兵法から、五徳の四番目「・・・・

1件〜8件(全 352件)