「プロ・リクルーター」が変える日本の採用の未来「求められるスキルやノウハウが年々高くなっている」と採用担当者の8割が回答〜厳しくなる採用の現状と「プロ・リクルーター」の必要性〜 | 採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

「プロ・リクルーター」が変える日本の採用の未来

「求められるスキルやノウハウが年々高くなっている」と採用担当者の8割が回答 〜厳しくなる採用の現状と「プロ・リクルーター」の必要性〜

株式会社ビズリーチ 編集部 ライティングチーム
2017/08/30

好業績や人手不足を背景に企業の採用意欲が高まる一方、売り手市場が続く中で、人材獲得競争はさらに激しさを増しています。今、自社の採用の状況を、企業の人事部門の方々はどのように捉えているのでしょうか。また、自社の採用を成功に導くために、採用担当者に求められることは何だと考えられるでしょうか? それらが見えてくるのが、株式会社ビズリーチの実施した「新卒・中途採用の現状と採用担当に関するアンケート調査※」です。

「採用が年々難しくなっている」と感じている人事担当者の割合は87%

この調査で、自社の採用活動(新卒・中途)が年々難しくなっていると感じるかを質問したところ、87%の人事担当者が「難しくなっていると感じる」、「やや難しくなっていると感じる」と回答しました。
そう感じる要因について選択式で聞くと、最も回答数が多かったのは、「母集団形成が難しくなっている」で、さらに、「求める人材要件と応募者のミスマッチが多くなってきている」、「選考途中での辞退・内定辞退が増えてきている」が続きました。

80%の採用担当者が「求められるスキルやノウハウのレベルが年々高くなっている」と回答

採用活動が難しくなっている中で、採用担当者には何が求められているのでしょうか。この調査で、自社の採用担当者のスキルやノウハウについて、求めるレベルが年々高くなっているかを聞いたところ、「はい」と回答した人事担当者は80%に達し、特に従業員数1,001名以上の大手企業では、「はい」が88%と9割に迫っています。限られた優秀な人材を採用しようと多くの大手企業が競い合う中で、採用担当者に求められるレベルも高くなっていると見られます。

ほかにも、この調査では、自社の採用担当者が「採用マーケットの相場観や採用ノウハウなどを周囲に説明できるレベルの知見を持っているか」、「主体的・能動的な採用活動を行えているか」、また、「自社の採用力が採用活動で競合する他社と比較して優れているか」についても質問。その結果からは、自社の採用力の現状を企業がどのように見ているかがうかがえます。

注目が集まる「プロ・リクルーター」。人事担当者の本音は?

自社の採用力を高め、他社との競争に勝ち抜いて採用したい人材を獲得するために、最近、注目されているのが「プロ・リクルーター」です。その定義は、採用業務を主業務とし、企業にとって必要な人材の採用成功を実現する専門職。採用マーケットの相場観や採用ノウハウなどに一定の知見を持ち、主体的・能動的な採用活動を実現する採用プロデューサーとして、採用プロセス全体または特定の専門領域を担う人々のことです。プロ・リクルーターは、すでに欧米など海外の企業では当たり前のポジションになっており、今後、日本でも重要視されていくと考えられています。

この調査では、「プロ・リクルーターという専門職を聞いたことがあるか」、「現在、自社にプロ・リクルーターと呼べる人材がいるか」を質問。まだ日本では配置している企業が少ないといわれるプロ・リクルーターに関して、現状がどうなっているのかが、その結果から読み取れます。

また、自社の採用活動の現状を踏まえて、今後プロ・リクルーターが必要だと思うかを聞いたところ、57%の人事担当者が「必要である」、「できれば必要である」と回答。プロ・リクルーターに関する考えを聞くと、「経営陣や現場の意向(今欲しい、将来的に欲しい・育てていきたい人物像)を理解できているリクルーターがいれば心強い」など、さまざまなコメントが寄せられました。

調査結果からは、自社の採用力の現状把握や強化に向け、多くの貴重なヒントを得ることができそうです。
「新卒・中途採用の現状と採用担当に関するアンケート調査」結果は、ぜひダウンロードしてご覧ください。

※「新卒・中途採用の現状と採用担当に関するアンケート調査」
実施期間:2017年5月16 日〜2017年6月1日
対象者:上場および非上場企業の人事責任者・担当者
実施内容:WEBアンケート
有効回答:162件
  • 1

プロフィール

株式会社ビズリーチ 編集部 ライティングチーム

株式会社ビズリーチは、企業の経営者、役員、採用担当者が自ら候補者を見つけ出してアプローチする「攻め」の採用手法「ダイレクト・リクルーティング」を提唱するリーディングカンパニーです。
主に人材領域と教育分野のインターネットサービスを運営し、管理職・グローバル人材に特化した会員制の転職サイト「ビズリーチ」やそのアジア版「RegionUP(リージョンアップ)」、20代のためのレコメンド型転職サイト「careertrek(キャリアトレック)」などを展開しています。
株式会社ビズリーチ

2019卒版 インターンシップ プログラム作成完全マニュアル申込受付中