やりっぱなし研修撲滅宣言!〜今日から始める行動定着型研修〜第61回 視野を広げるには | 採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • HRサミット2017お申し込み開始
やりっぱなし研修撲滅宣言!〜今日から始める行動定着型研修〜

第61回 視野を広げるには

株式会社ネットマン 代表取締役社長 永谷 研一
2017/05/19

よく人材育成の現場では、「視野を広げて考えよう」と言われることがあります。
これは、「視点を変えて物事を広く見ることで気づくことを多くしよう」という試みです。
この「視野」という言葉、少し整理して考えたいと思います。
まず、ある位置に自分が立ってみてください。
そこから目で見える範囲。それが「視野」です。
一方で、そこから体が宙に浮き1,000mくらい空に昇ったと考えてください。
自分を上から見る感じで俯瞰してみる。これを「視座が高まった」と言います。

視座が高まれば、当然見える範囲、すなわち「視野」が広がります。
考えて欲しいのは、最初の位置から見えた範囲と俯瞰したみたときの高い位置から見えた範囲の差です。この差を私は「伸びしろ」と呼んでいます。

なぜ「視野を広げる」ということが大事なのか。
それは、視野を広げることで、その人のこれから伸びる度合いが変わってくるからです。

伸びしろは「真っ白」です。でも視野が広がれば、ぐーんと伸びます。
経験学習で成長する人とそうでない人の差は、この伸びしろの大きさの差です。
そして、視野を広げるためには、視座を高めなければいけません。
問題はその「視座」をどうやったら高められるかです。

ここに必要なのが、「内省」と「フィードバック」。
PDCFAメソッドの「C」と「F」にあたります。

内省は自分と向き合うこと。
自分の本音と会話をして、経験を分析して新たな気づきを得ようという思考法です。

”なぜこれは起きたのか。” 
”もっと別の見方はないか。”
”自分の感情はどうなのか。”

と自分に問いかけていきます。
すると新しい行動改善のアイデアとやる気が導き出されます。

一方フィードバックは、相手の内省を引き出す声かけです。
相手に質問(問いかけ)をすることで、気づきを与えます。
ポイントはその「問い」は自分にもブーメランのように戻る点。
「人のふり見て我がふり直せ」のように、相手への問いによって自分も気づきを得るということです。

この内省とフィードバックがなぜ効果的か。
ものの見方が変わるからです。
もの見方を変えるにはどれだけ「自問」できるかです。
この「自問の習慣化」こそ、自分の視座を高めることになるのです。

経験学習というと難しいですが、これなら簡単に、誰もが取りかかれます。
ぜひやってみてほしいと思いますし、人材育成に関わる人はぜひ研修に取り入れて欲しいと思います。

さあ!
『研修担当の皆さん!「自問の習慣化」で視座を高め視野を広げさせよう!』
-------------------------------------------------------
〜やりっぱなし研修撲滅宣言〜
「研修」が変わる「行動」が変わる45の具体策

永谷研一著
『人材育成担当者のための絶対に行動定着させる技術』(書籍版)
『人材育成担当者のための絶対に行動定着させる技術』(Kindle版)

-------------------------------------------------------
  • 1

プロフィール

株式会社ネットマン 代表取締役社長 永谷 研一

1966年、静岡県沼津市生まれ。
発明家、株式会社ネットマン代表取締役社長、NPO法人 人材育成マネジメント研究会理事長、佐賀県武雄市教育委員会ICT利活用教育推進アドバイザー。
「携帯電話などモバイル端末を活用した教育」を2001年から手がけるパイオニア。人材育成に必要なITを考案・開発し、日米で特許を取得。特にアメリカで日本人初の行動系ITシステムの特許保持者となり、その功績がアメリカでも高く評価を受け、O-1ビザ(卓越能力保持者ビザ)が認められる。
これまで1万人以上の行動実践データを検証・分析し、目標達成のための行動習慣化メソッド「PDCFAサイクル」を開発。三菱東京UFJ銀行、楽天、日立グループなどの人材育成プログラムに適用する。著書「絶対に達成する技術」(KADOKAWA)は発売わずか一ヶ月で一万部を突破。TVや新聞、雑誌で多数特集が組まれ、いまなお大きな反響を呼んでいる。

行動習慣化メソッド「PDCFAサイクル」
http://pdcfa.jp
永谷研一オフィシャルサイト「発明家永谷のソトガクのすすめ」
http://sotogaku.jp

2019卒版 インターンシップ プログラム作成完全マニュアル申込受付中