調査レポート

HR総研:人材育成「テーマ別研修」に関する調査報告1
増加が目立つのはコンプライアンス、メンタルヘルス、ハラスメント、リーダーシップ

日本企業の研修は、新入社員から始まる階層別研修と、テーマごとに設定される研修の大きく2本柱にわけられる。
 テーマ別研修には、コミュニケーションやモチベーションをテーマにするもの、営業力強化や各種のスキルを向上を目的とするもの、そして会社としてのあり方やモラルを向上させるためのコンプライアンスやメンタルヘルスなどの研修がある。
 近年はこうした社員の意識向上を目指す研修が増加していることが、今回の調査から判明した。

この先は、会員の方だけがご覧いただけます。会員の方はログインを、会員でない方は無料会員登録をお願いします。

こちらのコンテンツのご利用には会員登録・ログインが必要です。

ID/PWを忘れた場合はこちら

ログイン

登録するとHRプロポイント100P進呈中!

無料会員登録