クオリティフォーラム 2016

品質経営のベストプラクティスがベンチマークできる場です!

概要・開催にあたって

日科技連では1951年に「第1回デミング賞受賞記念品質管理大会」が実施されて以来、品質意識の高揚、品質管理活動の幅広い普及を目的に、企業の経営者から職場第一線の方々までを対象に全国規模で様々な取り組みやイベントを開催しております。

企画セッションは、多方面の業界から時代にあった品質経営に関する話題性のあるテーマで21件の講演を選定しました。いずれも非常に興味ある内容で、部課長、スタッフ、職組長、職場第一線の方々全てにご満足いただける講演と思われます。

11月は品質月間です。ぜひこの機会に本フォーラムに参加され、他業界、他社の品質管理活動をベンチマークされることをお勧めいたします。詳しくは、プログラムをご参照ください。

主 催 一般財団法人 日本科学技術連盟
後 援 一般社団法人 日本品質管理学会
日 程 2016年11月21日(月)〜22日(火)
会 場 日本教育会館  詳細はこちら
費用 ●2日券
一般38,880円 / 日科技連賛助会員34,560円
●1日券
一般25,270円 / 日科技連賛助会員 22,460円
●大阪サテライト会場
一般25,270円 / 日科技連賛助会員22,460円
11月21日、大阪会場にてA会場での講演のライブ中継にご参加いただけます。(質疑も可能です)
●一般事例発表者 5,400円
※一般事例発表者の方も参加登録をお願いします。
※発表者が2名以上の場合は、特別価格(5,400円)での参加は代表者1名のみとさせていただきます。
申込方法
  1. 参加申し込みページからお申し込みください。
  2. お申し込みいただきますと、確認のメールがお手元に届きます。
  3. 開催の1ヶ月程前になりましたら、参加券と請求書を郵送いたします。
    参加費は請求書発行後2ヶ月以内に、請求書に記載されている指定の口座へお振り込みください。

注目の講演・スピーカー

特別講演

坂根 正弘 氏
11月21日10:50〜11:50

日本の課題
〜コマツは日本の縮図〜

坂根 正弘 氏  株式会社小松製作所 相談役

1950年代にコマツは本社を東京に移転、港の近くに工場を建設し、輸出を拡大。その後、円高で国内のモノづくりに自信を失うと、一気に海外生産を加速。まさに日本の縮図でした。21世紀、私は会社の構造改革の一環として、思い切って国内回帰に舵を切りました。一連の構造改革でV字回復が実現する中、本社機能の一部を石川に移すことで、年間7億円規模の経済効果が地域にもたらされました。2012年、私は自民党の第一回日本経済再生本部の会合では、デフレ脱却と、地方を元気にすることの重要性を強く訴えました。現在は地方創生、国家戦略特区など、政府の仕事を通してこの国の課題に挑戦しています。

野村 忠宏 氏
11月21日12:00〜13:00

折れない心

野村 忠宏 氏  柔道家 株式会社ミキハウス

オリンピックを3連覇し、父親が名門天理高校柔道部の監督、叔父はミュンヘンオリンピック金メダリストという柔道一家に育ちましたが、決して柔道を初めた当初から強かったわけではありません。 幼少期は身体が小さく、ずっと勝てない選手でした。 それでも柔道を続けてきたのは、自分自身で柔道を選び、努力を続けた未来の自分に期待し可能性を信じてきたからです。 なかなか勝てなかった幼少期、チャンピオンになってからもケガや様々な困難を乗り越えてきた経験。強くなるために、自分の限界を超えることが大切ということを学んだ経験。金メダルを獲得するために自分の心の弱さ、プレッシャーに打ち克ち、プライドを捨ててまで取り組んできた経験。40歳まで現役にこだわり、最後まで折れなかった心。皆様とフィールドは違いますが、私が柔道を通して経験してきたことをお伝えすることで少しでもビジネスマンの皆様に活きるヒントになれば幸いです。

企画セッション

多方面の業界から時代にあった品質経営に関する話題性のあるテーマで21件の講演を選定しました。
いずれも非常に興味ある内容で、部課長、スタッフ、職組長、職場第一線の方々全てにご満足いただける講演と思われます。

  • 11月21日
    企業理念・ウェイの浸透、展開

    14:00〜14:45 「働きがいのある会社」をつくる企業文化
    14:50〜15:35 ジョンソン・エンド・ジョンソンにおけるOur Credoの浸透と人材マネジメント
    15:40〜16:25 マツダのインターナルブランディングの取り組みについて

    詳細はこちら

  • 11月21日
    品質は工程で作りこむ“自工程完結”の実践事例

    14:00〜14:45 トヨタにおける自工程完結 〜ホワイトカラーの生産性向上〜
    14:50〜15:35 「良い仕事をしよう活動」を通じた自工程完結の実践
    15:40〜16:25 自工程完結 〜管理者が進める仕事の質向上

    詳細はこちら

  • 11月21日
    営業部門におけるTQMの進め方

    14:00〜14:45 コニカミノルタ販売会社 「プロセス改善」による企業風土変革
    14:50〜15:35 プロスペクト営業の推進による、重点攻略顧客の売上拡大
    15:40〜16:25 ジーシー営業部門における品質経営の取組み

    詳細はこちら

  • 11月21日
    ISO を品質経営に活かす

    14:00〜14:45 ISO規格2015年改正!品質経営への活用
    14:50〜15:35 菊正宗のISO9001への取り組み
    15:40〜16:25 (仮題)ISOを組織本来の業務のしくみに活かす取り組み

    詳細はこちら

  • 11月22日
    IoT 時代におけるものづくり

    13:10〜13:55 IoTで進化するものづくりの未来
    14:00〜14:45 Industrial Internet Consortium(IIC)の動向と富士通の取り組み
    14:50〜15:35 "i "が織りなす オムロンの製造現場革新

    詳細はこちら

  • 11月22日
    自動車会社の品質経営(TQM) 実践事例から学ぶ

    13:10〜13:55 トヨタ自動車TQMの「伝承と変革」
    14:00〜14:45 企業風土と融合したHonda独自のTQM活動
    14:50〜15:35 マツダにおけるグローバル品質つくり込みへの取組み

    詳細はこちら

  • 11月22日
    海外現地法人における品質確保のための人材育成

    13:10〜13:55 ダイキン工業中国現地法人における人を機軸におく品質人材育成の取組み
    14:00〜14:45 富士ゼロックス深センにおける中国現地人材育成の事例
    14:50〜15:35 コマツにおける海外現地法人の人材育成活動

    詳細はこちら

  • 11月21日 企業理念・ウェイの浸透、展開
  • 11月21日 品質は工程で作りこむ“自工程完結”の実践事例
  • 11月21日営業部門におけるTQM の進め方
  • 11月21日ISO を品質経営に活かす
  • 11月22日IoT 時代におけるものづくり
  • 11月22日自動車会社の品質経営(TQM) 実践事例から学ぶ
  • 11月22日海外現地法人における品質確保のための人材育成