労政時報

労政時報
3929号

第2、第4金曜日発行
A4変型判 平均132頁
年間購読会費76,000円+税
編集:一般財団法人労務行政研究所
発行:株式会社労務行政

  • 定期購読申込みはこちら
  • 見本誌申込みはこちら

最新号の内容

【特集1】再構築を迫られる定年後再雇用制度

事例 定年後再雇用者の役割、処遇改善

現役世代と同等の「戦力」と位置づけ、最適な職務の付与、 意欲高める処遇設計に工夫を凝らす4社の事例
  • 事例1 積水化学工業

    60歳以上の年代層を大きな戦力と捉え、正社員と同じ評価制度に基づく評定を 第二退職金に反映
  • 事例2 旭化成

    再雇用者の動機づけのため賃金改定を実施、目標管理に基づく評価加算制度を導入
  • 事例3 明治安田生命保険

    60歳以降も活躍を期待し、多様な職務を設定。役割・パフォーマンスに応じた 給与を支給
  • 事例4 KDDI

    各部署から出された"求人票"を基に、再雇用者が65歳までの職務を主体的に選択

参考

高年齢者雇用安定法の変遷と本誌における高年齢者雇用に関する事例掲載一覧(2001年以降)

解説

定年後再雇用者の戦力化をどう進めるか 多様性や処遇の合理性を考慮した、これからの高年齢者雇用の在り方
藤原 崇 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
コンサルティング事業本部 組織人事戦略室 室長・チーフコンサルタント

関連資料

ホワイトカラー高齢社員の活躍をめぐる現状・課題と取組み(概要)(2016年・経団連)
【特集2】人事制度事例シリーズ 本田技研工業

定年年齢の延長や等級、給与・評価制度の改定など労働条件を見直し、 「人」総合力の最大化を目指す

1.人事制度改定の背景 変化する事業基盤と社会ニーズ/基本コンセプト
2.人事制度改定の具体的内容 定年年齢の延長/等級制度、給与・賞与制度、評価制度の見直し/育児・介護をはじめとした、 多様なニーズへの対応/各種手当の見直し
3.制度導入までのプロセスと今後の展望 会社、社員、労働組合での密なコミュニケーション/人・組織の活性化/今後の展望
【特集3】「問題社員」をめぐるトラブル解決のための法的対応

労働契約上の義務を守らない・守れない社員に対する人事としての留意点

=土屋真也 弁護士 石嵜・山中総合法律事務所

1.「問題社員」とは
2.「問題社員」に対する人事対応の手法
3.「問題社員」の類型ごとの実務対応
4.最後に

労政ニュース
働き方改革実行計画を決定/「転勤に関する雇用管理のヒントと手法」を公表/厚生労働省関係の主な制度変更(平成29年4月)/無期転換ルール・多様な正社員に関するモデル就業規則の追加
労働法令のポイント
労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン
労働判例SELECT
規程変更(退職金減額)による不利益の内容や程度につき十分な説明を受けていない労働者の同意書への署名押印は、自由な意思に基づくものではなく、退職金減額に同意したとはいえない
データボックス
2016年賃金構造基本統計調査
相談室Q&A
  • 解雇無効とされた場合に、係争期間中の賃金として支払うべき賃金額はどうなるか
  • 出退勤時刻の管理につき自由裁量がある管理監督者の深夜労働をどう把握すべきか
  • 毎年、同時期に長期休暇を申請する社員に対し、その都度、時季変更権を行使してはならないか
  • 1日の年休申請に対し、半日だけ時季変更権を行使することは可能か
  • 社員が自ら降職・降格を申し出た場合、拒否できるか
  • 育児・介護休業の開始・終了時期の繰り上げ・繰り下げの申し出を会社の要員事情などを考慮した上で拒否できるか
  • 子どもを保育施設に預けられないため、育児休業終了後も出社できない社員に、どのような支援が考えられるか
  • 通勤中に交通事故に遭い示談交渉に応じた社員が、後日、手術が必要になった場合、労災保険は適用されるか

ニュース&トピックス

人事のための課題解決サイトjin-jour(ジンジュール)

概要

『労政時報』は、我が国で最長の歴史を誇る人事・労務の専門情報誌として,上場企業をはじめ数多くの企業・労組・団体でご利用いただいています。 記事分野は,賃金・賞与、労働時間、採用・雇用管理、教育・能力開発などの実務情報から労働関係法令、判例まで、人事・労務全般を網羅。会社・労組の実務家が求める最新情報をとらえ、データ・事例・解説の三位一体で編集しています。月2回刊行の本誌と連携したご購読者専用のポータルサイトでは,バックナンバーの記事・資料検索や,人事・労務にまつわる最新のニュース,時の話題をとらえた専門家の解説,便利な規程・様式例など,幅広くご活用いただけるデータベースサービスをご用意しています。

社名 一般財団法人労務行政研究所
本社 〒106-0044
東京都港区東麻布1-4-2
03-3584-1231(代)
代表 理事長 猪股 宏
従業員数 40名
事業内容 (1)人事労務の専門情報誌『労政時報』をはじめとした定期刊行物の編集
(2)人事・労務管理に関する調査・研究
(3)労働関係実務図書の編集
(4)コンサルティング,セミナー・研究会等の開催
HP https://www.rosei.or.jp/