企業と人材

企業と人材
2017年5月号

毎月5日発行(年12冊)
A4 変形判 82頁
年間購読料 38,880円(税込・送料サービス)
発行:株式会社産労総合研究所

株式会社産労総合研究所
  • 定期購読申込みはこちら
  • 見本誌申込みはこちら

最新号の内容

本誌調査 2017年公的資格取得援助制度の実態
 

◎調査結果の概要

◎集計表

●主な調査項目

  • 公的資格取得援助制度の実施状況
  • 人事管理上の公的資格の区分
  • 制度上の「費用援助」に対する考え方
  • 資格取得に対する各種援助策の実施状況
  • 費用援助策の具体的内容(取得義務づけ・奨励の場合)
  • 資格を取得した社員に対する経済的処遇および人事処遇上の考慮(取得義務づけ・奨励の場合)
  • 資格を取得できなかった場合の援助費用の取り扱い(取得義務づけ・奨励の場合)
  • 資格試験を再度受験する場合の費用援助の取り扱い(取得義務づけ・奨励の場合)
  • 公的資格取得援助制度の運営上の課題

◎資格別にみた平均支給額一覧(奨励金・資格手当)

◎企業別実態

  1. 資格取得者に対する奨励金の支給額
    製造業/非製造業
  2. 資格取得者に対する資格手当の支給額
    製造業/非製造業
特別寄稿

ビッグデータ時代の360 度評価の活かし方

トランストラクチャ パートナー 南雲道朋

ほか

ニュース&トピックス

『賃金事情』プレスリリース(2017.02.07)
「2017年 春季労使交渉にのぞむ経営側のスタンス調査」を実施し、 最終調査結果をまとめました。
『賃金事情』プレスリリース(2017.02.16)
「2016年 評価制度の運用に関する調査」を実施し、 最終調査結果をまとめました。

次号の内容

特集 着実に進める次世代育成

◎解説

次世代リーダーに必要なスキルと教育体制

立教大学 特任教授 安部哲也 

次世代経営人材育成のための選抜型プログラムの構築と運用

リ・カレント株式会社 代表取締役 石橋 真

◎事例

ポーラ・オルビスホールディングス/日清食品/帝人/KDDI  
事例レポート
曙ブレーキ工業

ほか

概要

2010年4月、生まれ変わった「企業と人材」は、個人の成長と組織の活性化をサポートする人材開発情報誌として、「注目企業に学ぶ」「プロ・人に学ぶ」「データに学ぶ」の3柱で、人事・教育スタッフの悩みを解決する情報を提供します。

「注目企業に学ぶ」=企業事例: 先進企業の研修事例やベンチャー企業のユニークな職場の取り組みを徹底取材。
自社で研修や育成を考える際に、参考となる教育プログラム、実践しているスタッフの生の声を伝えます。

「プロ・人に学ぶ」=連載・インタビュー記事: 教育スタッフPLAZAは、教育スタッフ自身の育成がテーマ。
スペシャリストに必要なノウハウを掲載。連載では、話題の人材育成シーンをその専門家が解説します。また、巻頭コラムやインタビューでは、「人」をキャリアという切り口からご紹介いたします。

「データに学ぶ」=企業実態調査: 編集部が独自に企業の人材育成施策や制度、またはそれに係る費用を調査。
企業が今、重点的に何に取り組んでいるのか、調査データと企業別の実態資料で迫ります。

社名 株式会社産労総合研究所
本社 〒112-0011
東京都文京区千石4-17-10 産労文京ビル
03-5319-3636
代表 代表取締役社長 平 盛之
資本金 1,000万円
従業員数 80名
事業内容 定期刊行誌・書籍出版、セミナー事業、コンサルティング事業
HP http://www.e-sanro.net