【世界最大のHRテクノロジーカンファレンス HR Technology Conference & Expo提携記事】 Vol.54 次に投資すべきは従業員の「ファイナンシャル・ウェルネス」

Nick Otto | October 5, 2021
■ブライアン・シャーマン氏による、本記事のサマリ
今回のパンデミックでは、従業員のウェルビーイングの重要性が浮き彫りになりました。経済的な不安が健康に大きな影響を与えることを考慮すると、従業員一人ひとりのニーズに合った個別のファイナンシャル・ウェルネス・プログラムを用意することが重要です。ファイナンシャル・ウェルネス・プログラムを改善する際、雇用主は何を考慮すべきでしょうか?

HR’s next big investment: employee financial wellness

When it comes to financial wellness, there is no one-size-fits-all. As one expert advised recently, when designing benefits, including relating to financial wellness, HR should think about the whole person, making sure employees feel just as great at home as they do at work.

“It’s important benefits have personalization—there’s a goal for every life stage,” Stacey Magness, director of global benefits at software company Ellucian, said during a panel session at last week’s HR Technology Conference. The pandemic put a major spotlight on employee wellbeing, she added, and demonstrated the need for individualized benefits attuned to employees’ needs, including financial.

Also see: Why you should consider an emergency savings program

“The pandemic has caused pressure on our lives,” she said. “The correlation between financial stress and physical health is 1:1. It’s not a contributing factor, it’s a major factor.”

Prior to Ellucian revamping its financial wellness plan, Magness said the plan was heavily focused on retirement. “It’s a huge part of financial wellbeing, but not the only thing,” she said.

◆本記事の続きはこちらでご覧ください

プロフィール

グラマシー エンゲージメント グループ株式会社 代表取締役 ブライアン シャーマン

米国ニューヨーク市人事コンサルティング会社にて日系企業(NY・LA)を対象に人事コンサルタントとして従事。その後米国住商情報システムにて人事総務部長に就任。在米日系企業が抱える人事の現場を内と外の視点で支える。来日後は株式会社ファーストリテイリングでのグローバル人事業務に参画。欧米露アジア拠点の人事マネジメント業務に従事。2010年グラマシーエングージメントグループ株式会社設立。現在は、日本企業の人事のグローバル化をサポートするコンサルタントとして活躍中。

米国ニューヨーク州出身、米国Williams College卒業
2007年にSHRM、Senior Professional Human Resources (SPHR)資格取得、早稲田大学トランスナショナルHRM研究所 招聘研究員