【世界最大のHRテクノロジーカンファレンス HR Technology Conference & Expo提携記事】 Vol.51 ジョン・サムサー:アフターコロナの世界に関する4つの疑問

John Sumser | July 8, 2021
■ブライアン・シャーマン氏による、本記事のサマリ
新型コロナウイルスが私たちの世界に影響を与え、変化させたことは誰もが知っていますが、具体的にはどのように変わったのでしょうか? 私たちの変化した世界について、考慮すべき「4つの疑問」を紹介します。

Sumser: 4 big questions about work after COVID

After 16 months of quarantine, we are emerging into a world that may look somewhat the same—but isn’t. During the pandemic, the world of work split in two: those who had to physically go to work and those who didn’t.

And now, we’re trying to figure out what’s next.

I’d love to offer clear and certain instructions about post-pandemic life. Instead, I have a bucket of questions because the world I inhabit is very different now, no matter how much I wish it were not. I bet you’re in the same boat.

In some ways, the pandemic just amplified something that was already happening. There is a big difference between management in the 20th century and 21st. The old school thrived on having answers. The new way depends on asking good questions.

The 21st century manager thrives in times of uncertainty.

◆本記事の続きはこちらでご覧ください

プロフィール

グラマシー エンゲージメント グループ株式会社 代表取締役 ブライアン シャーマン

米国ニューヨーク市人事コンサルティング会社にて日系企業(NY・LA)を対象に人事コンサルタントとして従事。その後米国住商情報システムにて人事総務部長に就任。在米日系企業が抱える人事の現場を内と外の視点で支える。来日後は株式会社ファーストリテイリングでのグローバル人事業務に参画。欧米露アジア拠点の人事マネジメント業務に従事。2010年グラマシーエングージメントグループ株式会社設立。現在は、日本企業の人事のグローバル化をサポートするコンサルタントとして活躍中。

米国ニューヨーク州出身、米国Williams College卒業
2007年にSHRM、Senior Professional Human Resources (SPHR)資格取得、早稲田大学トランスナショナルHRM研究所 招聘研究員