【世界最大のHRテクノロジーカンファレンス HR Technology Conference & Expo提携記事】 Vol.35 2021年における人事の優先事項とは

Tom Starner | November 23, 2020
■ブライアン・シャーマン氏による、本記事のサマリ
2020年のパンデミックは、私たちの仕事や生活に前例のない影響をもたらしました。海外の人事リーダーたちは、こうした状況の中で新しい年を迎えるにあたり、どんな懸念事項、または優先事項を抱えているのでしょうか?

These are HR’s priorities for 2021

With the COVID-19 pandemic showing no signs of abating any time soon, new research finds that HR professionals are most concerned about ensuring their workforce has the skills to succeed in the new world of work.

In its HR Priorities Survey, Gartner, the Stamford, Conn., research and advisory company, found that 68% of respondents reported that employees’ critical skills and competencies need serious tending during the coming year.

According to the survey of 750 HR professionals, conducted from June through August, other HR priorities for 2021 include: organizational design and change management (46%), developing the current and future leadership bench (44%), the future of work (32%) and employee experience (28%).

“The COVID-19 pandemic has inspired a dramatic shift across nearly every level of the organization,” says Mark Whittle, vice president of advisory in the Gartner HR practice. “Enterprises are rapidly shifting business models and accelerating digital transformation initiatives, adding to the already widespread demand for digital skills.”

◆本記事の続きはこちらでご覧ください

プロフィール

グラマシー エンゲージメント グループ株式会社 代表取締役 ブライアン シャーマン

米国ニューヨーク市人事コンサルティング会社にて日系企業(NY・LA)を対象に人事コンサルタントとして従事。その後米国住商情報システムにて人事総務部長に就任。在米日系企業が抱える人事の現場を内と外の視点で支える。来日後は株式会社ファーストリテイリングでのグローバル人事業務に参画。欧米露アジア拠点の人事マネジメント業務に従事。2010年グラマシーエングージメントグループ株式会社設立。現在は、日本企業の人事のグローバル化をサポートするコンサルタントとして活躍中。

米国ニューヨーク州出身、米国Williams College卒業
2007年にSHRM、Senior Professional Human Resources (SPHR)資格取得、早稲田大学トランスナショナルHRM研究所 招聘研究員