【世界最大のHRテクノロジーカンファレンス HR Technology Conference & Expo提携記事】 Vol.34 従業員の安全を最優先に考える通勤再開戦略とは

Nick Otto | November 25, 2020
■ブライアン・シャーマン氏による、本記事のサマリ
ワクチンの完成を控え、パンデミックは新たな局面を迎えています。これにあたって、企業は従業員を職場に復帰させる方法を検討しなくてはなりません。企業がとるべき対策にはどのようなものがあるでしょうか?

Keeping employee safety top of mind in a return-to-work strategy

Employee safety is top of mind as employers strategize how to get workers back in the workplace, but with no one-size-fits-all solution, what can HR do?

Employers are “in a quandary” when it comes to the state of a return to work, Katherine Jones, an independent thought leader and consultant, said recently during a live Twitter chat with HRE.

“Vaccine supply and distribution is a great unknown as yet—and where ideally every business could get free vaccinations to all employees whether they work remotely or on site; when and how that can happen is an enigma,” Jones, one of HRE’s 2020 HR Tech Influencers, added.

In addition, some employees may resist getting relatively untested new vaccines, she warned; this is something HR organizations need to create a policy for before allowing people back on site.

◆本記事の続きはこちらでご覧ください

プロフィール

グラマシー エンゲージメント グループ株式会社 代表取締役 ブライアン シャーマン

米国ニューヨーク市人事コンサルティング会社にて日系企業(NY・LA)を対象に人事コンサルタントとして従事。その後米国住商情報システムにて人事総務部長に就任。在米日系企業が抱える人事の現場を内と外の視点で支える。来日後は株式会社ファーストリテイリングでのグローバル人事業務に参画。欧米露アジア拠点の人事マネジメント業務に従事。2010年グラマシーエングージメントグループ株式会社設立。現在は、日本企業の人事のグローバル化をサポートするコンサルタントとして活躍中。

米国ニューヨーク州出身、米国Williams College卒業
2007年にSHRM、Senior Professional Human Resources (SPHR)資格取得、早稲田大学トランスナショナルHRM研究所 招聘研究員