【世界最大のHRテクノロジーカンファレンス HR Technology Conference & Expo提携記事】 Vol.30 新しい領域「カルチャーテック」を人事はどう使いこなすべきか (直訳:カルチャーテックの新興世界を人事はどうナビゲートできるか)

Nate Randall | August 19, 2020
■ブライアン・シャーマン氏による、本記事のサマリ
世界中の従業員がリモートで仕事をするようになった今、企業文化を深化させることがますます難しくなっています。企業はどのようなテクノロジーを取り入れれば、この大流行期でも有意義なワークカルチャーを作り続けることができるのでしょうか?

How HR can navigate the emerging world of culture tech

What is culture technology?

There are plenty of companies out there that have been alleviating the administrative burden from human resource teams for the routine tasks that make up health, wealth, recruiting, hiring and even retirement. Those items are top-tier expected benefits by employees. However, in this new world of remote working and dispersed workforces, the differentiator for a company lies in its culture.

Igniting a culture is a big job and can be a logistical nightmare for HR teams to manage—because culture is defined by the distinct characteristics unique to a particular organization. Culture technology is the new wave, taking the administrative burden off HR’s shoulders while helping to connect its people with the programs the company is already paying for—for example, wellbeing, fitness and challenges, and rewards.

Related: Why virtual wellness is on the rise

◆本記事の続きはこちらでご覧ください

プロフィール

グラマシー エンゲージメント グループ株式会社 代表取締役 ブライアン シャーマン

米国ニューヨーク市人事コンサルティング会社にて日系企業(NY・LA)を対象に人事コンサルタントとして従事。その後米国住商情報システムにて人事総務部長に就任。在米日系企業が抱える人事の現場を内と外の視点で支える。来日後は株式会社ファーストリテイリングでのグローバル人事業務に参画。欧米露アジア拠点の人事マネジメント業務に従事。2010年グラマシーエングージメントグループ株式会社設立。現在は、日本企業の人事のグローバル化をサポートするコンサルタントとして活躍中。

米国ニューヨーク州出身、米国Williams College卒業
2007年にSHRM、Senior Professional Human Resources (SPHR)資格取得、早稲田大学トランスナショナルHRM研究所 招聘研究員

HR Technology Conference & Expositionの人気記事

まだデータがありません。