【世界最大のHRテクノロジーカンファレンス HR Technology Conference & Expo提携記事】 Vol.24 オンライン人材開発の未来を探る

Jen Colletta | June 12, 2020
■ブライアン・シャーマン氏による、本記事のサマリ
一部の企業では、コロナウイルスの感染が拡大する初期の段階で、トレーニングをオンラインプラットフォームに移行する準備ができていました。しかし、他の企業は未だに始めようと試みている段階です。時代を先取りしている一部の企業は、オンライントレーニングをどのように行っているのでしょうか?

Exploring the virtual future of L&D

About a year ago, HR solutions provider Paychex started transitioning many of its learning and development programs to virtual settings. So, when the coronavirus pandemic forced American workplaces to transform nearly overnight, the company was ready.

“Within 24 hours, we had all of our training up and running virtually,” Jody Stolt, director of the Learning and Development Center at Paychex, said on a webinar moderated by HRE this week. “We already had the framework to do that.”

Transitioning from in-person to online training isn’t a simple endeavor, as many employers have learned in the last few months.

See also: How to take training virtual

Mike Mather, managing director of Human Capital Advisory at KPMG, noted that, while some organizations had implemented virtual programs before COVID-19, the new environment requires such initiatives are uniquely designed to minimize users’ time commitment, offer relevant content and are tailored to employees’ individual learning preferences.

◆本記事の続きはこちらでご覧ください

プロフィール

グラマシー エンゲージメント グループ株式会社 代表取締役 ブライアン シャーマン

米国ニューヨーク市人事コンサルティング会社にて日系企業(NY・LA)を対象に人事コンサルタントとして従事。その後米国住商情報システムにて人事総務部長に就任。在米日系企業が抱える人事の現場を内と外の視点で支える。来日後は株式会社ファーストリテイリングでのグローバル人事業務に参画。欧米露アジア拠点の人事マネジメント業務に従事。2010年グラマシーエングージメントグループ株式会社設立。現在は、日本企業の人事のグローバル化をサポートするコンサルタントとして活躍中。

米国ニューヨーク州出身、米国Williams College卒業
2007年にSHRM、Senior Professional Human Resources (SPHR)資格取得、早稲田大学トランスナショナルHRM研究所 招聘研究員