【世界最大のHRテクノロジーカンファレンス HR Technology Conference & Expo提携記事】 Vol.23 オンライントレーニングを効果的に行うには

Carol Patton | June 2, 2020
■ブライアン・シャーマン氏による、本記事のサマリ
オンライントレーニングは、トレーニングの新しい標準になりつつあります。ただし、効果的に行うには、トレーニングの内容とトレーニングセッションの長さに、必要な変更を加えることが重要です。オンラインでトレーニングを受ける際の優れたベストプラクティスには、どのようなものがあるのでしょうか?

How to take training virtual

Last year, Guild Mortgage converted its classroom training for new sales hires to virtual training. The catalyst was its $200,000 annual travel costs, says Emily Zachariasen, regional sales training manager at the organization, which specializes in residential home loans.

“We were flying people to training centers around the country, paying for their hotel and food,” she says, adding that the company’s nearly 4,000 employees at 222 retail branches in 30 states, includes more than 850 sales professionals. “Because they were traveling, it really made training a pressure cooker … Virtual training enabled us to spread out the training from two and one-half days to five days a week. We now have more hours of instruction and slowed down the pace, which made it easier for [participants]rather than drinking out of a firehose.”

Related: Exploring the virtual future of L&D

As the number of remote employees has peaked due to COVID-19, more companies are converting face-to-face training courses into virtual programs. Although some trainers worry they can’t bond with online participants or that employees will struggle with the technology, virtual training has evolved from a trend into a necessity. So instead of asking why, HR professionals are experimenting with how to transform existing training into engaging and effective virtual programs.

◆本記事の続きはこちらでご覧ください

プロフィール

グラマシー エンゲージメント グループ株式会社 代表取締役 ブライアン シャーマン

米国ニューヨーク市人事コンサルティング会社にて日系企業(NY・LA)を対象に人事コンサルタントとして従事。その後米国住商情報システムにて人事総務部長に就任。在米日系企業が抱える人事の現場を内と外の視点で支える。来日後は株式会社ファーストリテイリングでのグローバル人事業務に参画。欧米露アジア拠点の人事マネジメント業務に従事。2010年グラマシーエングージメントグループ株式会社設立。現在は、日本企業の人事のグローバル化をサポートするコンサルタントとして活躍中。

米国ニューヨーク州出身、米国Williams College卒業
2007年にSHRM、Senior Professional Human Resources (SPHR)資格取得、早稲田大学トランスナショナルHRM研究所 招聘研究員