【世界最大のHRテクノロジーカンファレンス HR Technology Conference & Expo提携記事】 Vol.17 エンプロイー・エクスペリエンスに立脚したプラットフォームの台頭

By: Andrew R. McIlvaine | January 2, 2020
■ブライアン・シャーマン氏による、本記事のサマリ
「Employee Experience」(従業員体験)という用語が最近注目されているため、HRテクノロジーも調整する必要がある。人事部門は、従業員体験を向上させるために、テクノロジーの活用をどのように推進できるのか?

The rise of the employee-experience platform

The words “employee experience” have become the hottest buzzword in HR these days, and for good reason, says Josh Bersin.

“We’re not building software for HR anymore—we’re building it for employees,” the global industry analyst said during his opening keynote at this year’s HR Technology Conference in Las Vegas. “If employees don’t find it useful, if it doesn’t fit into ‘the flow of work,’ then it’s not going to be used.”

A recent survey from Gartner of 5,000 employees finds that 56% agree with this statement: “I expect to have the same quality experience at work as I do as a customer.”

Companies are shifting their focus to addressing the full employee experience, cognizant that they have the same wants, needs and desires as customers, says Lauren Mason, principal in Mercer’s career business.

“Companies that figure out how to make their employees’ experience as delightful as their customers’ experience will have a competitive advantage,” she says.

◆本記事の続きはこちらでご覧ください

プロフィール

グラマシー エンゲージメント グループ株式会社 代表取締役 ブライアン シャーマン

米国ニューヨーク市人事コンサルティング会社にて日系企業(NY・LA)を対象に人事コンサルタントとして従事。その後米国住商情報システムにて人事総務部長に就任。在米日系企業が抱える人事の現場を内と外の視点で支える。来日後は株式会社ファーストリテイリングでのグローバル人事業務に参画。欧米露アジア拠点の人事マネジメント業務に従事。2010年グラマシーエングージメントグループ株式会社設立。現在は、日本企業の人事のグローバル化をサポートするコンサルタントとして活躍中。

米国ニューヨーク州出身、米国Williams College卒業
2007年にSHRM、Senior Professional Human Resources (SPHR)資格取得、早稲田大学トランスナショナルHRM研究所 招聘研究員