【世界最大のHRテクノロジーカンファレンス HR Technology Conference & Expo提携記事】 Vol.12 ジョッシュ・バーシン氏が発言、「驚くことに、今後重要となるスキルは<技術分野>ではない」

By: Josh Bersin | October 22, 2019
■ブライアン・シャーマン氏による、本記事のサマリ
職場における技術の進歩を考えると、将来に向けて最も重要なスキルは技術分野であると考えられるかもしれない。しかし、技術的なスキルは対人スキルと同じくらい重要であるのか?

Josh Bersin: Surprise! The skills of the future aren’t technical

It’s time to prioritize gaps in behavioral and leadership skills.

The IBM Institute for Business Value recently surveyed approximately 5,670 executives across 48 countries to learn more about the skills needed to execute business strategies. The top finding of the research is that approximately 120 million workers may need to be retrained or reskilled as a result of AI and intelligent automation.

Yet, the research also revealed that, while technical and digital skills were still in high demand, executives are placing highest priority on behavioral—or soft—skills. Of 12 technical and behavioral skills identified through the research, executives placed highest priority on:

  • A willingness to be flexible, agile, and adaptable to change
  • Time-management skills and ability to prioritize
  • Ability to work effectively in a team environment
  • Ability to communicate effectively in a business context
  • A bit further down the list was: the capacity for innovation and creativity; and ethics and integrity.

    ◆本記事の続きはこちらでご覧ください

    プロフィール

    グラマシー エンゲージメント グループ株式会社 代表取締役 ブライアン シャーマン

    米国ニューヨーク市人事コンサルティング会社にて日系企業(NY・LA)を対象に人事コンサルタントとして従事。その後米国住商情報システムにて人事総務部長に就任。在米日系企業が抱える人事の現場を内と外の視点で支える。来日後は株式会社ファーストリテイリングでのグローバル人事業務に参画。欧米露アジア拠点の人事マネジメント業務に従事。2010年グラマシーエングージメントグループ株式会社設立。現在は、日本企業の人事のグローバル化をサポートするコンサルタントとして活躍中。

    米国ニューヨーク州出身、米国Williams College卒業
    2007年にSHRM、Senior Professional Human Resources (SPHR)資格取得、早稲田大学トランスナショナルHRM研究所 招聘研究員