人工知能とビッグデータを活用した科学的手法で新卒採用「GROW」

米国では人工知能を使った採用手法が広がりつつあり、国内でもその動きが徐々に活発化してきている。

学生中心の人材育成事業を展開するInstitution for a Global Society株式会社が人工知能とビッグデータを活用した科学的手法の新卒採用支援として提供しているのが「GROW」だ。

企業が重視するコンピテンシーと、周囲からの客観的な評価に基づく学生のコンピテンシースコアをマッチングして、募集企業のビジネス現場で活躍する可能性の高い学生を自動で紹介するというもの。
また、募集企業側で推薦された学生の選考結果をフィードバックすることで、年を追うごとに人工知能による推薦精度が高まるように設計されてあるとのこと、採用効率を改善していくにも期待できそうだ。

solution_0816_02

<解決したい課題(HRプロより)>

●ターゲット層の応募者を集めたい
人工知能のレコメンデーションエンジンに、貴社が欲しい人材の要素を登録いただくことで、欲しい人材と高い確率でマッチング可能に!

●採用戦略を見直したい
学歴やスキルに加え、「360度評価によるコンピテンシー評価」、「潜在的性格テスト」の複合的なデータにより、新たな学生との出会いを実現!

●効率的な採用システムを構築したい
客観的な情報に基づく人工知能が、貴社が望む人材をご紹介。 また、貴社にエントリーされた学生のスクリーニングするプランもご用意。

ソリューションの詳細情報はこちらからご覧ください

ソリューション情報の人気記事

まだデータがありません。