【対談】HRテクノロジーによる採用の自動化で何が実現するのか?【新卒採用における現状と課題】
新卒採用

【対談】HRテクノロジーによる採用の自動化で何が実現するのか?【新卒採用における現状と課題】

提供:日本データビジョン株式会社

お役立ち

コンサルティング(新卒採用)
容量:1.9MB

解決できる課題

ターゲット層の応募者を集めたい

採用戦略を見直したい

効率的な採用システムを構築したい

【概要】

今、新卒採用は大きな転換期を迎えている。多くの企業は大量の母集団を抱えることで、必ずしも必要でない人材への対応やアプローチに、時間や労力を割かれているのが現状だ。このように採用活動の非効率化が顕在化する中、本当に必要な人材をいかに効率よく採用するかが求められている。
そして、その鍵となるのが「採用の自動化(Recruiting Automation)」と、「タレント・アクイジション(Talent Acquisition)」だろう。日本データビジョン株式会社は、その分野のメインプレイヤーとして、採用の自動化を実現させる新サービスを展開。そこで同社社長の太田氏と、開発に関わられた
慶應義塾大学大学院 特任教授の岩本氏にご登場いただき、お話を伺った。第一回目の今回は、新卒採用における現状と課題についてお送りする。


【Profile】

岩本 隆 氏
慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 特任教授

太田 和人 氏
日本データビジョン株式会社 代表取締役社長

寺澤 康介
ProFuture 株式会社 代表取締役社長

お役立ち

コンサルティング(新卒採用)
容量:1.9MB

日本データビジョン株式会社のその他のダウンロード資料