【アステラス製薬株式会社】ビジネスモデル・キャンバスで新規事業創出のベースを確立
マネジメント系研修

【アステラス製薬株式会社】ビジネスモデル・キャンバスで新規事業創出のベースを確立

提供:ビジネスコーチ株式会社

事例紹介

その他マネジメント系
容量:206KB

解決できる課題

コーチングを強化・導入したい

アステラス製薬は、「先端・信頼の医薬で、世界の人々の健康に貢献する」ことを経営理念に掲げ、研究開発型のグローバル製薬企業として積極的に事業展開しています。2005年に山之内製薬と藤沢薬品工業が合併して設立されて以来、医療用医薬品に経営資源を集中させて事業展開してきましたが、社会の健康意識の高まりや多様化するニーズに対応すべく、新規事業創出に向けた積極的な検討も開始しています。検討ツールとして「ビジネスモデル・キャンバス」を導入し、取り組みをスピードアップさせています。経営企画部で新規事業創出検討の責任者である武沢竜一氏に、取り組みの現状や今後の展開などについてうかがいました。

※資料をダウンロードいただいた方を対象に弊社メルマガを送信させていただきますので
ご了承ください。

事例紹介

その他マネジメント系
容量:206KB

ビジネスコーチ株式会社のその他のダウンロード資料