「若者雇用促進法」を事業者の視点で解説!もっと知りたい!雇用労働ナレッジノート第3回
人事戦略

「若者雇用促進法」を事業者の視点で解説!もっと知りたい!雇用労働ナレッジノート第3回

提供:アデコ株式会社

お役立ち

その他人事戦略
容量:678KB

解決できる課題

人事のキャリアを高めたい

第3回のテーマ:若者の意欲と能力に応じた職業生活を支援、事業者などの「債務と連携」で環境整備

少子化に伴う日本の労働力人口の減少で、「多様な働き方」の重要性がクローズアップされています。
政府は、全員参加型社会の実現を目指し、生産性向上のための目標と政策を打ち出しています。
その中のひとつに「若者の働きがいと職業能力開発」があり、この目標を具体的に後押しするのが、
昨年10月から今年4月にかけて段階的に施行されている「若者雇用促進法」です。

1970年に制定・施行された「勤労青少年福祉法」を時代の変化に合わせ、
今回の改正で通称「若者雇用促進法」と呼称が衣替えされました。
改正の本質的な狙いは、「若者の就職活動時や就職後のトラブル防止」にあり、
そのために事業者などの「責務と連携」が具体的に盛り込まれました。
これから、施行された改正内容が本格的に履行・浸透していく現状を前に、「事業者の視点」でポイントを解説します。

また、抜本改正から1年が経過した労働者派遣法(平成27年法)の中から、
大切なポイントのひとつとなっている「派遣社員の均衡待遇」に注目し、
派遣先が対応すべき要点を整理します。

※コンテンツ※
1:「2015年10月施行」「2016年3月施行」「同年4月施行」の改正概要
2: キーワードは「情報提供」、押さえておきたい「3類型」
3:「情報提供」の義務付けに対応し、求人メディアの業界団体も自主規制
   昨年12月1日、固定残業代の表示のない求人広告掲載をストップ
4:「派遣社員の均衡待遇」に向けて派遣先が実施する要所

〜〜〜続きはダウンロードしてご覧ください〜〜〜

お役立ち

その他人事戦略
容量:678KB

アデコ株式会社のその他のダウンロード資料