労働者派遣法の趣旨と要所〜雇用労働ナレッジノート第1回〜
人事・労務全般

労働者派遣法の趣旨と要所〜雇用労働ナレッジノート第1回〜

提供:アデコ株式会社

お役立ち

コンプライアンス
容量:1.2MB

解決できる課題

人事戦略を再構築したい

人事のキャリアを高めたい

第1回のテーマ:「労働者派遣法」(平成27年改正)の趣旨と要所

派遣制度は、今からちょうど30年前の1986年7月に施行されました。
会社による「直接雇用」だけが認められていた中で、
欧米各国でも機能的に活用されていた「間接雇用」を日本にも公式に導入したものです。
ここで「公式」と記したのは、日本国内でも類似した雇用の仕組みは
働く側にも受け入れる会社側にも相応のニーズがあったため、施行前から“存在”していました。
ただ、そこには「間接雇用のための派遣事業者の明確なルール」が存在していなかったことから、
きちんと派遣制度を法律として定め、雇用分野における役割を果たすために法制化されたものです。

本資料では、2015年に抜本改正された労働者派遣法について、改正までの流れから、変更箇所のポイントを解説します。

※コンテンツ※
1:ここが変わった「5つの変更点」と改正までの主な経過
2:改正された背景とその解消に向けた対応
3:期間制限は「事業所単位」と「個人単位」の2種類、どちらも3年だから複雑に感じる?
4:派遣社員のキャリアアップ推進のために、さらなる取り組み強化へ

〜〜〜続きはダウンロードしてご覧ください〜〜〜

お役立ち

コンプライアンス
容量:1.2MB

アデコ株式会社のその他のダウンロード資料