2019年卒インターンシップ意識調査-2017年8月時点
新卒採用

2019年卒インターンシップ意識調査-2017年8月時点

提供:株式会社i-plug

調査データ

インターンシップ
容量:1.6MB

解決できる課題

ターゲット層の応募者を集めたい

採用戦略を見直したい

インターンシップを強化したい

1dayインターン解禁の影響もあり、インターンシップ参加企業、インターンシップに参加する学生数、そして学生1人あたりが参加するインターンシップの件数も日数も昨年に比べて増加傾向にあるという。

・学生はどのような目的でインターンシップに参加するのか?
・何を基準にエントリーするかしないかを判断するのか?
・秋のインターンシップも参加する予定なのか?
・メールで届くインターン案内には目を通すのか?

本調査レポートは、2017年8月に実施した2019年卒の学生が対象のインターンシップへの意向を調査したアンケート調査レポートである。

・調査名 ・・・ 【2019年卒対象】インターンシップエントリー状況調査
・調査地域・・・ 全国
・調査方法・・・ インターネット調査
・対象者・・・ 2019年卒の大学生、大学院生
・有効回答数・・・ 406件
・調査期間・・・ 2017年8月8日~8月24日
・実施機関・・・ 株式会社i-plug

調査データ

インターンシップ
容量:1.6MB

株式会社i-plugのその他のダウンロード資料